ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ムーミンバレーパークプレオープンに行ってきました

 3月16日オープンになるムーミンバレーパークのプレオープンに3月9日に行ってきました。

 今作っているディアゴスティーニの「ムーミンハウスをつくる」のツアーで参加したため、パークの滞在時間が短く、さらにすごく混んでおり、整理券が必要な有料アトラクションや、レストラン、グッズショップには行けなくて、園内のざっとした感想になってしまいますが、私が体験したことをネタバレしすぎないようにさらっと紹介したいと思います。

 写真を多く載せますので、園内の雰囲気だけでも楽しんでいただければ幸いです。

 

 詳細なレポートは既に沢山の方がブログに書かれたりしてますよー。

 こちらとか↓。行かれる前のご参考にされるとよいと思います。

 

 新宿からツアーのバスに乗り、いざバレーパークへ到着。到着後、案内役のパークのスタッフさんから、入園チケットを受け取り、、、、

 

 いざ、谷入り!!

f:id:otajoy:20190310195443j:image

 ディズニーに入るときは「インパ」ってよくいいますよね。バレーパークは「ムーミン谷」だから、行くときは「谷入り!!」ってどうでしょうか。

f:id:otajoy:20190310203437j:image

 テンションの若干高い、ムーミンが大好きなパークの案内役の方の後ろについて進んでいくと、パークの入り口に到着。

f:id:otajoy:20190310203044j:image

 ムーミンとミイ、そしてムーミンの本のモニュメントがお迎えしてくれました。

パークの方の説明によると「ムーミンは原作の本からはじまったから」とのことで、入り口がこういう感じになったそうですよ。

 このモニュメントのくりぬかれたキャラクターの隙間から見える湖と湖畔の風景の感じも素敵だし、この中に入って写真を撮るのも楽しい。

f:id:otajoy:20190310195050j:image

 入り口付近にはムーミンママのパンケーキのお店やグッズショップが並んでいて、その奥に進んでいくと、水浴び小屋がありました。

f:id:otajoy:20190310195253j:image

f:id:otajoy:20190310203108j:image

 原作では、ムーミンパパが作った水浴び小屋です。原作の形が忠実に再現されてますよー、残念ながら中に入ることはできないのですが隙間から中がのぞけます。

 この形になったのは「ムーミンパパが灯台にあこがれていて、灯台に似せてつくったた」というお話をしていただきました。

  そのパパ憧れの灯台も再現されています。

f:id:otajoy:20190310203454j:image f:id:otajoy:20190310203416j:image

 大きくて立派な灯台です。こちらも中はのぞけますが、梯子に上ることはできませんでした。壁に描きかけの絵が可愛いですよねえ。

 

 パークの中心部には、立派なムーミンハウス。もうこれ見れただけで感動~。今作ってるムーミンハウスとそっくり。どちらも原作を忠実に再現されてるからなんですね。

f:id:otajoy:20190310195325j:image

残念ながら中に入るツアーはチケットが購入できず、今回は入れなかったので次回リベンジしたいと思います。

 

 ムーミンハウスの手前にある「エンマの劇場」では、ムーミンキャラクター達のショーが行われていました。所要時間はだいたい30分くらいのストーリーあり、踊りに歌もある立派なショーです。

 お話は、原作でもアニメにもある不思議な帽子のお話(平成版だと1話のお話だったはず)。劇場の中だけじゃなく、キャラクターが通路を歩いたりもしてくれるので、とても近くで触れ合えます。1日3公演あって、入園料だけで見れちゃうなんてお得じゃないでしょうか。

f:id:otajoy:20190310203025j:image

 帽子が抜けなくなったムーミンパパをみんなで引っ張ってる場面。

f:id:otajoy:20190310203141j:image

 みんなが慌ててるのに、全く動じず後ろにすわってハーモニカいじってるスナフキンが個人的なツボでした。

 スナフキンは人間キャストさんで、どうも数人おられるみたいですよ。

f:id:otajoy:20190310195139j:image

  2.5次元の波がムーミン界にも訪れるとは。とても素敵なスナフキン~♡。

 

 時間ははっきり決まっていませんが、いわゆるキャラクターグリーティングもありました。

 スタッフさんに案内されて歩いてるスナフキンを見かけて、その後ろをついていくと、

f:id:otajoy:20190310203007j:image

(最前列でついていく私からの目線)。

 パークの一番奥深くにスナフキンのテントがあり、ここでスナフキンと一緒に写真を撮ったり、触れ合えたりすることができました。

f:id:otajoy:20190310203307j:image

 ニコニコなスナフキン。他のキャラクターも園内を歩いてる時間があるみたいです。好きなキャラクターと一緒に写真が撮れるの楽しいですよ。

 

 そして、パークの坂を上っていくと、小さな子供も楽しめる「ヘムレンさんの遊園地」というアスレチック施設があります。

f:id:otajoy:20190310202858j:image

 色んな仕掛けがあって、小学生の娘も楽しく遊んでいました。小さいお子さん連れの方にお勧めかな。勿論大人も楽しい。

 その隣には、「ムーミン谷の彗星」に出てくる天文台も再現されてますよー。

f:id:otajoy:20190310195216j:image

 日が沈むころにお写真撮るのが雰囲気が出ていいかもしれません。

 

 最後に、園内の一番大きな建物「コケムス」の感想を。

 

 いいんですか、ここが入園料(大人1500円)だけで入れちゃって!ってくらい、ボリュームたっぷりのミュージアムがコケムス。ムーミンファンなら必見です。

 f:id:otajoy:20190310203342j:image

  入り口には原作者のトーヴェさんの像があります。ここを左に入ってエレベーターにのって3階にいくと、すぐ目の前に、ムーミンがお出迎え。原作のどの場面だっけ?家に帰ったら読み返さなくっちゃ。

 f:id:otajoy:20190310195856j:image

 

 コケムス内では、写真も沢山撮っていいよという太っ腹具合。

f:id:otajoy:20190310202923j:image

 

f:id:otajoy:20190310202938j:image

f:id:otajoy:20190310195800j:image 

 ヘムレンさん、スナフキン、モランの大きなフィギュアもあり、色んな写真が撮れちゃいます。は~ため息が出ます。ここに住んでいいかな、私

 他にもいろんなパネルがあったりと、書ききれないくらい素敵な展示が沢山ですので、あとは現地に行ってじっくり見ていただきたいです。

  f:id:otajoy:20190310202949j:image

 あ、例のシーンもパネルに再現されていました。色合いもすべて世界観にあっていて素晴らしいものばかり。

 

 コケムスの中央には、大きなムーミン谷のジオラマがドーンと置いてあります。

 

 これがまた、とにかくすごい。感動しかありません。マイナーなキャラクターもちゃんといますし、原作重視でクオリティが半端ないんです。

 私のカメラ技術ではとても感動が伝えられないーーー(涙)

 私は、ゆうに1時間は見ていられます。どこにどんなキャラクターが隠れているか探すのも楽しい。

f:id:otajoy:20190310195523j:image

 中央のムーミンハウスは回っていて、中も見れます。

f:id:otajoy:20190310195558j:image

 ミムラ姉さん可愛いな~。

f:id:otajoy:20190310195652j:image

 スナフキンのテントのところにティーティーウーがいる!

 

 このジオラマは時間によってライティングも変わるので、こんな夕暮れ時のようなお写真も撮れるし、夜のお写真も撮れます。

f:id:otajoy:20190310195731j:image

 この前に張り付いていたかったけれど、時間もなく人も多くて断念。

 

 やっぱり、ここに住んでいいですか?

 

 有料のアトラクションに入れなくても、入園料1500円でこれだけ楽しめる私設ってなかなかないのではないでしょうか。園内ぶらぶらして、写真撮ったり、ショッピングしたり、レストランに入るのもいいかもしれませんね。デートにもよさそう。隣のメッツァビレッジでは北欧の雑貨屋さんや、湖でボートにも乗れるし、愛も深まりますよ、きっと。

 

 今回一番嬉しかったのは、一緒に行った娘が「バレーパーク楽しかった、ムーミンが好きになった」と言って、旅のお供に持っていった原作文庫を熱心に読んでくれたこと。

 

 パークができたことで、未来のムーミンファンがもっと増えるかもしれないと思うと、おばちゃん世代としてはとても嬉しいんです。

 

 ありがとうバレーパーク!!

 

 また谷入りする日まで、旅に出ますね。

 

 あーん、早く谷に帰りたいよ~~~~~~~(今月もう一度行きます)。

週間ムーミンハウスを作る 70~73号

 お久りぶりです。

 無事に生きてます。

 

 そして、仕事、家の事、オタ活全部やっております~~~~。

 今年は子供会の役員も回ってきて、てんやわんやの我が家です。

 

 いつの時代になったら子供会やPTAってなくなるのでしょうか。やっぱり必要なのでしょうか(私にはわかりません)。

 

 そんななか、ちまちま作ってるムーミンハウス。

 70~73号と一緒に、大きなモランのフィギュアとポスト(サブキャラフィギュアシリーズ)も届きました。他のフィギュアと比較して、明らかに大きなモランです。

f:id:otajoy:20190223234009j:image

 このモランが届いたとき、これはあのシーンが再現できるのでは?と、持ってた他のシリーズのフィギュアと組み合わせて写真を撮ってみました。
f:id:otajoy:20190223234014j:image

 原作『ムーミンパパの思い出』の一場面です。分かる人にはわかる場面。

 

 ポストはこんな感じに配置してみたり。

 タイトル『橋で出会う二人』

 f:id:otajoy:20190223234018j:image

 

 あ~場面を設定して写真を撮るのは楽しいですね。

 最近はまってるコスプレ撮影と似た感じでフィギュア撮影も楽しんでます。コスプレの方は最近レイヤーさんのお知り合いが増えて、カメラマン業もするようになりました。とはいえ、なかなか出かける時間も限られてはいるのですが。レイヤーさんとわちゃわちゃしながら、理想のお写真を作る作業がとても好きです。

 

 届いたフィギュアで撮影を楽しんだ後は、ちゃんとムーミンハウスを作りましょう。
 70号から73号では、ハウスの4階の床とハウスの外壁、屋根裏部屋の椅子とゲストルームの鏡台を作りました。鏡台は引き出しが来てから着色しようと置いてあります。
f:id:otajoy:20190223234034j:image

 外枠作りはこれからしばらく続きそうですねえ。まだまだ外壁の一部しか作れていません。先が長い~~(しかも、ある意味単純作業)。

 

 大きなモランはとりあえず屋根裏部屋に入っていただきました。ここしか入れる部屋がありません。原作基準だと、家の外にしかいないので入らなくてもいいといえばそうなんですけども。

 

 いつも同じ完成写真じゃつまらないかと思い、夜のムーミンハウス風にお写真を撮ってみました。
f:id:otajoy:20190223234026j:image

 やっと73号まで来たか~~~と思ってたら、

 

 シリーズ延長ですって~~~~~~~!!!!!!

 

 ディアゴスティーニさん、やりますね。ムーミンハウスの売り上げが良いのかしら?

f:id:otajoy:20190224004610j:image


 勿論購入しますよ、ええ。

 

 そして、定期購読者限定のツアーがあるということで、ダメ元で応募してみたのです。
f:id:otajoy:20190223234030j:image

 そしたらなんと、

 当選いたしました~~~~~~~~~~!!!

 

 オープン前のムーミンバレーパークを娘と二人で楽しみたいと思います。勿論ブログで報告する予定ですよ。すごくすご~~~く楽しみです。

 

 雪が降るころムーミン谷を後にしたスナフキンも、そろそろムーミン谷を目指しているころかもしれませんね。

f:id:otajoy:20190224004950j:image

(雪ロケした時のコスプレ写真です)

 

 私も来月はムーミンバレーパーク目指していきたいと思います。

 

 

週間ムーミンハウスを作る 66~69号

 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

 あれこれと趣味に手を出して(最近はカメラにハマっております)、ブログの更新が滞りがちですが、これからもまったりと更新していきたいと思いますので、今年も何卒よろしくお願いいたします。

  

 今日は、新年早々、年末に届いたムーミンハウスを作りました。

f:id:otajoy:20190105180639j:image

 

 f:id:otajoy:20190105194434j:image

 ついてくる小冊子ネタをひとつ。67号と68号を並べると、パパがママの荷物を持ってあげてる感じになりました。ママの尻に敷かれてるっぽいパパです。それか、何かでママを怒らせたパパが、せっせとママのご機嫌を取っているのかな。色んな妄想ができますね。

 

   66~69号では、ハウスの屋根の枠組み、まき置き場の薪、ゲストルームのベット、屋根裏部屋の出窓を作りました。

 

f:id:otajoy:20190105180648j:image

 だいぶ慣れてきたので、さくっと作成。ゲストルームのベットは豪華仕様です。

 

 今回、大変だったのは、こちらの屋根の枠組み造り。枠ひとつひとつを塗装後に組み立てていきます。塗装と枠造りを娘に協力してもらっても(かなり助かりました)結構時間がかかった上に、2カ所溝にはめ込むところで枠が折れちゃいました。

 

 ボンドとマスキングテープで修理中。。。。。↓。

f:id:otajoy:20190105180702j:image

 失敗も想い出のうち・・。

 この屋根枠、結構大きくて娘の頭にかぶれるくらいでした。出来上がった枠をかぶって「スナフキンみたい」とはしゃぐ娘と、折れたところがまた折れないか心配する母。

 

 完成した屋根枠をドーンとのせると、ついにハウスの全体像が見えてきました。屋根があるとないとじゃ、見た目が大違いですね。

f:id:otajoy:20190105180724j:image

 40インチのテレビの横に置いてみても、存在感が凄い。

 

 ハウスの中では、まだクリスマス気分が抜けないスニフがいます。

(ツリーやケーキは付属のフィギュアではなく、別シリーズのものです)

 f:id:otajoy:20190105201105j:image

 ちなみに、我が家も1月5日の本日、出していたツリーをしまいました。いつまでもクリスマス気分っていいよね!(ポジティブに考えましょう、ここは)。

 

 最後は、いつものようにフィギュア遊び。

 f:id:otajoy:20190105201115j:image

 旅の途中で、何故か捕まってしまった囚われのスナフキン

 「ムーミン谷に向かってたはずなのに、なぜ僕はこんな所に?」

 

 そんなスナフキンを、ムーミンはいつ帰ってくるかと待っています。

 f:id:otajoy:20190105204959j:image

 「スナフキン、この花びらが落ちるまでに帰ってきてくれるかなあ・・・」

 

 そうだっ!!!

 

 「迎えに行こうっ」

 

f:id:otajoy:20190105201055j:image

  屋根裏の窓枠から頭しか出られないムーミンでした。

 

 付属のフィギュアのムーミン一家メンバーは、ドアも窓も出られない仕様のようです(大きさの不一致の問題で)。

 

 今年もこんな感じでムーミンハウス作りながら、のろのろブログ更新していきますね。

 

 そうそう、昨年末は、平成最後の冬コミに参加してきました。

 懲りない私は、こんなコスプレでまったりと。

f:id:otajoy:20190105180917j:image

 寒い中、沢山の方に声をかけていただいて、撮影していただき、とてもありがたかったです。(昭和の)スナフキン人気あるじゃないかあ~。そんなに需要あると思ってなかったです、ごめんよスナフキン

 コスプレというと、綺麗なお姉さんが可愛い女の子のコスプレしてると思われがちですが、みんな自分の好きなキャラクターのコスプレされてて、老若男女楽しんでいるのがコミケのコスプレだと思います。

 

 アフターでは、沢山の友人にも会えたし、有意義な年末でした。

 

 今年も、仕事に、家事育児に(今年は子供会役員です、、とほほ)、趣味にドタバタしつつ、無事に一年過ごせますように。