ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ドラマ2期「コウノドリ」第6話感想

 ドラマも後半戦に入りました。

 下屋先生の転機となる第6話。見逃した方はこちらから↓(1週間限定です)

 

 

 原作では12巻「転科編」の内容です。6話は、原作ほぼそのままのセリフと内容でした。大きく違うのは、サクラ先生が鼻から焼きそば出さなかったのと、甲状腺クリーゼの患者さんの赤ちゃんが助かったことくらいでしょうか。

 

 原作で読んでわかってたとはいえ、母体死亡はつらい、辛すぎます。医師をやってる以上、助けられない命も、治せない病気もあるのはわかっていても実際起こるとなると医療者もつらい。

 白川先生が下屋先生に話していた「患者さんにあんまりのめりこむと何かあった時につらくなるぞ」と言うセリフ。

 患者さんとは一線を引いて接しようとする医師も多いです。プライベートで患者さんに会わないように病院から少し遠いところの家から通勤していたり。

 患者さんとの距離が近すぎると、冷静な判断ができなくなったり、悪い結果が起こった時に精神的なダメージが大きくなってしまう。自分の身内もできれば信頼できる他の先生にゆだねたいと思う。1期での四宮先生も、優しくしすぎたせいで、患者さんに禁煙を強く言えず、その結果母体死亡となり、それをずっと後悔し、そして患者さんとは一線を画して笑わない医師になっていました。

 下屋先生のように、予期せぬ稀な重症例にあったった時、通常の診療でも、ついその疾患の可能性が浮かんで、やりすぎるくらい検査をしてしまうというのは身に覚えがあり、四宮先生の「患者の心配をするふりをして、自分の患者の死をのりこえたいんじゃないのか」という言葉にドキッとしてしまいました。でも、一度そういう症例にあたると、どうしても万が一っていうのを考えてしまうんですよね。経験を積むと、少しづつ「これくらいならまだ大丈夫かな」ってわかっては来るんですが、絶対はないから悩ましいです。

 

 悪かった結果を乗り越える事なんてできない…本当にその通りで、忘れる事なんてできないし、それを抱えて次の診療に向かっていくしかない。いいとこも悪いことも毎日ある。

 治らない患者さんのつらい顔、良くなった患者さんの笑顔も毎日見ている。それが日常で当たり前になっていて感情がなくなりそうな時、時々ハッとすることを言ってくれる患者さんがいたりして、この仕事をしていてよかったなって思うこともあります。

 今週、こんなことがありました(自分語りすいません)。

 夏休み中に私が手術をした高校生の女の子が外来に診察に来て「昨日修学旅行に行ってきました」と、お土産と手紙をくれました。「先生のおかげで〇〇の心配せず、長旅を楽しめました、ありがとうございます」って。それを読んで外来でちょっと泣きそうになっちゃいました。私はそれが仕事で、お礼なんて言われなくてもよくなってくれればそれで満足ではあるんです。でも、こうやって時々「ああ、人の役に立ったんだなあ」て思えると、また次頑張ろうって単純な私は思っちゃうんですよ。辛いこともあったけど、いいこともあるなと。

 

 下屋先生の為に、救急科に送り出したサクラ先生。

 救命科は常に命と隣り合わせでキツイ科です。「患者一人亡くしたぐらいでなめんなよ」って、加瀬先生の言葉も重い。下屋先生はこれからどんどん成長していくんでしょう。ガンバレ、下屋~~~~。

f:id:otajoy:20171118021550p:plain

f:id:otajoy:20171118115118p:plain

 (髪を切って吹っ切れた表情の下屋がとっても綺麗でした。白川先生、ゴロー先生も見とれちゃうよね)

 

 そして、倉崎先生がペルソナ産科のメンバーになった途端の、

 小松さん~~~~~~~~~~~~~~!!

 7話は、小松さんへの試練。原作では16巻の「子宮筋腫」編の内容が含まれるのでしょうか。子宮腺筋症、子宮筋腫、チョコレート嚢腫・・・あの腹痛は嚢腫の破裂なのかな?とか心配です。

 「お母さんになる人生とお母さんにならない人生、何が違うのかな」

 女性にとって重いテーマになりそうな予感がします。果たして、ジョージやサンドイッチマン伊達さんにそっくりな旦那さんは出るのか(予告見るとなさそうですが)、こちらも気になるところですね。

 

 そして、ここからはいつもの思ったことをつらつらと。

 

 四宮先生のジャムパン二個標準装備は健在。サクラ先生にも渡しません。でも、きっとお腹空かせたサクラ先生がかわいそうになって、半分やるよって食べかけをくれそうな気がします、2期の四宮先生。

 ゴロー先生が持ってきたジャムパンも「お前にジャムパンはまだ早い」って下屋先生から取り上げときながら、救急科に下屋を送り出すとき「甘ったれんな!」っていいつつ、さらに甘~い、ホイップクリーム入りのプレミアムジャムパンをあげちゃうんですから。甘いのはお前かよーーーーーって。言葉はきつくとも、愛はある。

 

  原作であった「私は絶対二人を超えますから」(下屋)、「百年早い、下屋のくせに」(四宮)と言うやり取りも好きなんですよね。1期では、食べかけのジャムパンを下屋にあげていたし、四宮先生なんだかんだとサクラ先生同様下屋を可愛い後輩と思ってそうです。

 

 同期の下屋と白川のやり取りがほんとに好きです。ゴローちゃん二人を見すぎですって。「あの二人怪しい」って思ってるのか、実は四宮先生がいうようにゴローは下屋先生を狙っているのか。まさかのヒロイン下屋を白川とゴローがとりあうなんて展開・・まあ、ないか、コウノドリだし。

 

 こはる産婦人科の先生、こういう顔の先生今まで10人以上見たことあるんじゃないかと思うほど、医師っぽい顔されてました。救急科の部長も、漫画の二次元の世界がそのまま3次元になったかのようにそっくり。イヤミな感じもそのまんまでした。きっと、1週間も持たない医師を沢山みてきたからのセリフかと思います。

 

 ベイビーのコンサートに行った下屋。えーと、あんなに近くで見たら流石にサクラ先生ってバレないかな?見ててひやひやしちゃったよー。そこで気づかない鈍感な下屋が好きだったりします。7話以降も救急で頑張る下屋が沢山みれるといいな。楽しみですね。

 

ミュージカル刀剣乱舞「つはものどもがゆめのあと」を見てきました(ネタバレあり)。

 昨日、日帰りで東京へ行き、ミュージカル刀剣乱舞4作目の「つはものどもがゆめのあと」の夜公演を鑑賞してきました。

  公式Hpはこちらです↓。


 2日前になって慌てて応援うちわを作る作業を開始。今回のミュージカルでは、私は髭切を応援することに決めました。ほわ~んとしてるけど、戦闘では強いし、とぼけているようで物事の核心はちゃんと押さえてる、そんな髭切ってキャラクターが好きなんです。

 f:id:otajoy:20171112153353j:image

 (作りかけのうちわ。「髭」って文字を切るのが難しいよー)

 

 会場に到着して、まずは物販に並んでパンフレットとかペンライトを購入。

f:id:otajoy:20171112153321j:image

 髭切と膝丸カラーにセットしてスタンバイ。と言っても、ペンライトもうちわも2部のLIVEの時にしか使わないので、そっとカバンにしまっておきました。

 f:id:otajoy:20171112153328j:image

 ロビーにはお祝いの可愛いお花がいっぱい。最近予約開始になった、ねんどろいど「髭切」は発売日に申し込みましたよ。早く二人をお迎えしたい~。家に届くのが待ち遠しいです。

 

 ドキドキしながら待っていると早速舞台が始まりました。

 

以下、舞台のネタバレあるので注意です!!

 新しく本丸に加わった源氏兄弟の髭切(兄者)と膝丸(弟)がみんなに自己紹介。髭切は、ほぼ膝丸の名前忘れてます。ほぼなのですべてじゃないですよ。ちゃんと呼ぶときはきます、信じてあげて下さいね。

 主の命で、三日月・小狐丸・岩融・今剣・髭切・膝丸の部隊が編成され、平安末期~鎌倉初期の源平合戦後半と義経の奥州平泉くらいの時代に出陣します。隊長は今剣。

 高校時代、一応日本史選択していて、なんとなく覚えてはいた源頼朝義経の時代が、ほぼ網羅されていました。1作目ミュの『阿津賀志山』とも時代がかぶり、2回目では義経や弁慶とどうかかわっていくのかな?と思ってみてましたが、最後まで見終わって、ああそうきたか・・・と。1作目とは全く違っています。ラストは最大のネタバレなのでここでは割愛。

 富士川の戦い、一の谷の戦い、屋島の戦い壇ノ浦の戦いと、源平合戦では有名な戦いを網羅し、弁慶と義経の話で良く語られる「勧進帳」の話(ここは泣けます)~弁慶と義経の最後までが、走馬灯のように描かれていました。

 

 今回のミュージカルは、刀剣男子の根幹にかかわる衝撃作との前評判通り、刀剣男子がどう歴史とかかわっていくのか、その存在する意味は?そもそも自分は存在したのか?というところまでストーリーでは踏み込んでいました。

 歴史上、はっきりこれと現存する刀は三日月宗近のみ。髭切、膝丸は一応現存するものの、歴史に出てくるものが今現存するものと一致するかどうかははっきりわかってない刀、小狐丸の現物は所在不明だし、弁慶が持っていたとされる岩融、義経の守り刀とされてる今剣は本当にあったかどうかも分からない(ゲーム上では今剣は存在しなかったという設定ー今剣の)。

 当時の時代が書かれた書物でも諸説あり、今伝わってる歴史が本当かどうかもわからない。同じ時代にいたはずの刀同士でも、お互いを知らなかったりする歴史もあるかもしれない。「歴史を守る」とは、どの歴史を守るんだ?ってことになりますよね。それこそ、ゲーム上では刀剣男子は同じ合戦場に何回も行っている。その都度同じ歴史をみてるとは限らないのか。。。と舞台を見ながら考えたり。は~歴史って深いです。

 今回は、今までのミュや舞台、アニメでは後ろから見守って助言する役目だった三日月や小狐丸(+鶯丸は縁側でお茶飲んでる年長者のイメージw)が話の前面に押し出されていました。

 同じ合戦場に何回も行って色んな歴史のパターンを見て来ただろう三日月なりの歴史を守るやり方と、ただひたすら主様の命令は絶対な小狐丸。ちょっぴりブラックな影の暗躍者の三日月(三日月の影になってる月の部分として表現されてる) が見れます。ゲームでも飄々としていてつかみどころのない三日月宗近が、実はこんなキャラだったのかと新しい発見がありました。

 二人はお互いの事を信頼していつつ、そのやり方の違いから衝突し、でも最後は理解し合う。その仲介をするのが、髭切。小さいことにこだわらない大雑把さが、逆に表に惑わされず物事の大事なところを見つけることができたのかなと見てて思いました。登場した時に三日月と会った髭切が「僕たち、なんとなく似ているね」といい、「光の当たってない部分も、三日月はちゃんと光っていたよ」と(スイマセン一回見ただけなのでセリフは曖昧)、三日月の事をフォローしていました。兄者、かっこいいわ~(と、ますます好きになる)。

 

 『阿津賀志山』から今剣は凄く成長していて、岩融の方がなんだか過保護な親みたいな感じで可愛かったです。

 今剣、ラストシーンで階段につまずいて転んだんですが、あれはハプニングだったみたい。すぐに「岩融に怒られちゃう」ってアドリブ入れてらしたので私はてっきり演出かと思っちゃいました。ケガもなかったようなのでほんとよかった。

 

 2時間15分の1部公演。見入ってたらあっという間で、ほんとに面白かったです。舞台装置も照明も綺麗だし、役者さんの歌も踊りも前作より素晴らしくって。個人的には弁慶役をされてる方がかっこよくてね~好き(自分より年上なのもツボ)。もう一回見たいけれど、配信は来年か~~~~ああああ~~~待ち遠し過ぎる。

 

 

 最後に、物語とはそこまで関係ない、自分的萌え部分をつらつら。

 

 とにかく、つらいストーリー中も源氏兄弟は癒しでした。源氏の「重宝」二人が主の命令で「諜報」活動。今剣と三日月を見守るという命も受けてた二人。それをことごとく皆にバラす兄者は諜報活動に全く向いてませんでした(笑)。マイペースな兄に振り回される膝丸も可愛い。というか、自由すぎる三条メンバー&兄全員に膝丸は振り回されっぱなしで気の毒な膝丸でした。「でも、俺は不自由ではない」って言ってたし、実はMなのか膝丸。横転もキレッキレな膝丸に、尋常ないところまで足があがる髭切。私は、髭切に切られるより足蹴りされたいかも。。足蹴りが綺麗すぎる。

 あと、髭切は話をする時、しょっちゅう座ってました。常にこんなポーズで↓

f:id:otajoy:20171112153323j:image

(自分の過去のコス写真でお目汚しスイマセン。コスするくらいには兄者が好きです) 

 

 座る兄者の横にスッと立つ膝丸の対比が良いですよ~。

 

 で、休憩をはさんで2部のLIVEの為に待機!!と、時計をみて青ざめた私。最後までみてたら、新幹線の終電に間に合わない時間に。。。地方民つらっ(翌朝から夫が出かけるので、その日のうちに帰ってくるのを約束に行かせてもらったんです)

 せっかく作ったうちわと買ったペンライトを使うこともなく、2部の途中で会場を後にしました。でも、2部の2つ目の衣装までじっくりこの目に焼きつけましたよ。あとは配信で近~くからみさせていただこうと思います。

 いいんだ、うちわとペンライトは、次の真剣乱舞祭(千秋楽公演鑑賞予定)に持っていくよ~~~。うちわには「髭切、蹴って」に変更して持っていこう、そうしよう。

 

ドラマ2期「コウノドリ」第5話感想

 ドラマも折り返し地点の5話。

 プリンを用意し、原作10巻、11巻の「長期入院編」を読んで予習してから5話を視聴しました。

f:id:otajoy:20171110211132j:image

 (小松さんとお揃いのマリメッコのマグカップ買っちゃった。可愛いんです~)

 

 妊婦の西山さん・・・・・・・・・ダメです、涙が。。。。

 原作のセリフと展開がほとんどそのままなんです。そして、原作の旦那さんそのまんまの旦那さん(「殺し屋か・・」まで一緒)。プリンももちろん登場、つ、つらい。。。


 西山さんの出産の感想は上記の記事に言いたいこと書いてしまってるので、よかったら見てやって下さい。同室の七村さんの旦那さんのワンオペ育児奮闘ぶりも原作では出てきます。そこはカットされちゃったのがもったいないので原作も是非。

 

 お腹の赤ちゃんが死んでしまったご夫婦もつらい、その事実を告げるサクラ先生もつらい。何か原因があればまだしも、原因のわからない不幸な出来事というものも医療にはある。

 下屋先生がカイザーした大松さんご夫婦の、子供の障害(まだはっきり決まってませんが)をすぐには受け入れられない気持ちもわからなくはないんです。退院後の子供を育てていくのは医療者ではなくご両親。今回のドラマでは、そのことを特に強調していますよね。

  現実にはこんなつらい話もある。きれいごとだけじゃない。

 この記事に対する、実際に心疾患を持つお子さんを育ててらっしゃる母親が書かれた記事↓


 私は医療者だから、四宮先生が「目の前に車にひかれて死にそうな患者さんがいたら助けようとするだろ。その時は後に障がいが残るかどうかなんて誰も考えてない。緊急オペってそういうものだろ」と言うのもかわります。その場ではできる限りのことをして何とか命を助けようとする(超高齢者の延命治療などは除きます)脳出血でも、脳梗塞でも、脊髄損傷でも運ばれてきたときは、まずは命を最優先。今まで仕事をしてきて、命は助かった、でも障がいは残った人を沢山診てきました。今まで動いていた手、足が突然動かなくなる。老化によって今までできたことが徐々にできなくなる。「死んだほうがまし」「早くお迎えこないかしら」と言われることもあります。「治せないこと」がわかってるだけに、それをどう受容していただくか、納得していただくか、残った機能をフルに生かすためのリハビリに前向きになっていただけるか、毎回説明に頭を悩ませます。

 それを受容できる人、出来なくて医療者に怒りをぶつけてくる人、いろんな人がいました。「病気が治せないのなら、その人が暮らしやすい世の中になってほしい」と願わずにはいられません。自宅のバリアフリー化や、気軽に通えるリハビリ施設、公共交通機関の整備、障がい児を育児中の両親をサポートする制度(ほぼ、母親が働けなくなることが多いです)、ベビーカーを持って入っただけで電車内で迷惑がられる世の中が変わって、障がいがあってもなくても暮らしやすい、そんな世の中になって欲しいなというのが、普段仕事をしていて感じることです。病気を治すだけじゃない、その人の体の機能に合わせた環境作りというのも大事な事じゃないでしょうか。

 下屋先生じゃないですが、患者さんに寄り添うことって難しいですね。西山さんの旦那さんのような、その人を支えてくれる身内の方がいらしてくださるなら医療者としても心強い。老々介護、ひとり暮らしの高齢者、身近にサポートが全くない人もおられて、少子高齢化が進むと、今まで以上にこういったサポートのないかたをどう支えていくかが問題になりそうです。

  

 七村さんの家に送られてきたプリン。西山さんも少し心の整理がついたのでしょうか。ここで最後の涙腺が崩壊しましたよ私、ああ、よかったって。

 

 長期入院編ということで、長期入院してる患者さん同士の関係の事も少し。長く入院してる患者さん同士はグループができてたり、オツボネみたいな患者さんがいたり、大部屋だとそこでも色んな人間関係があります。入院患者さん同士でのちに結婚とかもありますよ。お互い励ましあえたり助け合えたりすればいいですが、実は結構色々トラブルもあります。その辺は、私より患者さんに近い看護師さんの方が詳しいでしょう。

 

 6話は、ついに原作12巻の下屋先生のあの話が。これもつらいお話で、涙腺がゆるむと言うか、ただひたたすらしんどい。原作で描かれたサクラ先生と下屋先生の師弟関係が素敵なので、そこも描かれるといいな。

 

 

  そして、ここからはいつものように思った事をつらつらと書きますね。

 

 白川先生ほんとに成長したなあ~~。カッコよすぎます。最後に下屋先生がオシャレなバーでサクラ先生と小松さんと3人で飲んでいた場面で「大人の階段上っちゃった?」とか言ってましたが、まさか白川先生と?!。白川&下屋コンビはやっぱり可愛いくていいですね。つかず離れず仲良くして、お互い切磋琢磨するところ見ていて微笑ましいです。

 

 四宮先生、、プリンに頭悩ませてましたね~~、で、結局食べるんかい!と。なのに忘れてて賞味期限切れのものを下屋に渡す。。。デレと見せかけてツンとか、デレツンまで繰り出してくるようになりましたか。あれも、四宮のわかりにくい愛情なんでしょうけどね。しかし、ジャムパン二個は多すぎないか。牛乳にも「四宮」って書いてあるし、ジャムパンと牛乳だけは譲れないんですね(残り一個はきっとサクラ先生にあげたんだと妄想はしておきましょう)。

 

 1期ではしてなかった、今橋先生の老眼鏡も気になります。この二年で老眼が進んじゃったんですね。私も最近スマホを少し話した方が見やすくなってきたので人のこと言えません。

 

 原作では女版四宮と言われていた倉崎先生、ゴロー先生への対応が四宮先生みたい。ドラマ版ではもしや、倉崎先生の指導医は四宮先生だったりするのかもしれませんねえ。似たもの師弟。

 

 屋上で空をみながらたたずむサクラ先生と四宮先生、1期ではここで「(つぼみちゃんを)助けてあげたかった」と泣いていた四宮先生だからこそ、何も言わずサクラ先生の気持ちに寄り添って「明日も晴れそうだな」と。結局何が起きても、仕事は次々やってきて次の日に進まないといけない。前向いていこうっていうメッセージだったような気がします。晴れの日の中、アカリちゃんを見送れてよかったなっていう意味かもしれませんけど。

 

 今週もいろいろ自分なりに考えさせられました。プリンは美味しいし、赤ちゃんは可愛い。今週は、私子宮がん検診に産婦人科に行ってきましたよ。検診は大事ですよ~是非受けてくださいね。