ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

「オンナの医者」の問題あれこれ

 少し前に問題が明るみに出た「東京医大の入試不正問題(=女性や浪人生を入試時に減点した問題)」や、週刊現代に載った「女性外科医には手術してほしくない」とういう記事の話題が、ネット界隈で盛り上がっていました。

 

 私のようなヲタ女医が何か言ってもなあ・・・・とこのブログでは沈黙を保っていましたが、応援してる腐女医ブロガーの先輩さーたり先生がNHKのニュース番組に出演されたり、今夜はamebaTVに出演されるということで、その活動を応援したくて少し言及したいと思います。

 

 ameba TVの番組は今夜放送、要チェックですよー。きっと私の言いたいことは、出演される女医さん達がお話してくれるのではと楽しみにしています。


 私は、今回の問題について怒ってる部分は「入試で黙って男女の違いで減点していた」という部分。これは、医学部というのが大学で医学という学問を勉強する場所ではなくて、「医師養成職業訓練校」みたいになってる所からきてる問題と考えてます。医学部入学試験=世間一般の新入社員の就職試験みたいなもの。医学部だけの問題ではなく、一般企業でも就職の際、女性だったり、既婚だったり、子持ちだったり、色んな所で人事の方は人を選んでる。

 本来、大学とは学問をするところだから、人としての属性は関係なく純粋に試験結果で合格者を決めないといけないところなのにそうしなかった。そんなに男子学生を入学させたいのであれば、「東京女子医大」みたいに「男子大学」というのを作ってしまえば、知らずに試験を受けて落ちて泣いた女性を作らずに済んだのだと思います(とはいえ、みんな薄々は気づいていても、今まで黙っていたのも事実です)。

 

 そして、「女性外科医には手術してほしくない」という記事については、「そういう考えの方は、他にいっていただいて結構」ということで。

 医師も患者さんも人間だから、男性だとか女性だとか以前に、人間としての相性もあるし、日本では患者さんは医師が選べるのだから、合わないなあ、この人には治療してほしくないなあと思ったら他の医師に変わってもいいと思うんです。残念ながら医師の方では患者さんを選べないので、通っていただいてる限りは自分の最善を尽くすのみ。

 「女性」というだけで不安と思われる方は、男性医師のところにいかれたらいいし、逆もあるでしょうしね。 仕事中の私は、女性だとか男性だとか自分は気にしていません。自分の目の前の患者さんの治療を淡々とやっているのです。

 周りを見ると、手術の上手い下手に男女差はなく、個人差の方が大きいです。性別に関係なく、素晴らしい先生も、この先生はちょっと・・・という方もいて。外科医の夫も、俺は男だけど長時間の手術はきついし、それに男女は関係ないって言ってますしね。

 

 私は専門分野は女性医師が5~6%しかいないマイナー外科系の科で、日頃から手術も行ってますが、入局先の医局、上司、いまの職場への転職含め「女性だから」と何か差別されたことも特になく、セクハラとも無縁(というか、私が鈍感で無頓着)で、恵まれた環境で育てていただき、ラッキーだったのかもしれません。夫も、私の仕事も趣味も理解してくれて、協力してくれるし、ケンカもするけれど良いパートナーと思ってます。

 

 医師の仕事は、やりがいもあるし、医学という学問は面白い。かといって、娘が医師になりたいと言った時「どうぞどうぞ」と手放しに勧められるような労働環境ではないのが今の医療現場です。現場に余裕がないので、長時間働けない人(個人の体力的な事や、女性だと家事育児などの家庭の問題で)をカバーする人に負担がかかり不満が大きくなる。お給料問題もその一つ。

 8時~6時で働いて、夜間呼び出しや待機、当直なし、土日祝休みの私のお給料と、夜は遅く、待機があって呼び出しあり、当直日直ありの外科医の夫のお給料がほぼ同じなんです。医師の世界では、きつい職場ほどお給料が低かったりする現実もあります。

 

 今回の問題をきっかけに、男女関係なく、ワークとライフのバランスの取れる働きやすい環境になるために、自分にできる事がなにかないか、これから考えていきたいと思います。

週間ムーミンハウスを作る 48~51号

 工期が追い付いたと思ってのんびりしてたらすぐ溜まっていくムーミンハウス作り。今日も頑張って作りました。

 f:id:otajoy:20180908201817j:image

 52号まで一緒に届いたのですが、52号と53号は一緒に作った方がよさそうだったので次回にまわしました。2号分にわたって作る家具とか、4号分ぐらいにまたがるものとかもありますから、そういうのはまとめて作るようにしています。

 

 48~51号では、2階~3階へ上る階段と、ベランダの屋根、パパの書斎の椅子、ちょっとしたものを置く机を作りました。 

  シックな色のパパの書斎の椅子と物置の机がこちら↓

 f:id:otajoy:20180908213114j:image

 机の色塗りは娘がやってくれました。椅子とか机、ボンドを付ける範囲が狭いので、ボンドの量が少ないとすぐに足がとれちゃったりします。

  f:id:otajoy:20180908213124j:image

 パパの書斎に置くタイプライターや模型のフィギュアは完成品が到着。

 ムーミンパパの書斎は、男性の憧れるタイプの書斎になりそうですね。

 

 そして、ベランダの屋根部分。

f:id:otajoy:20180908213222j:image

 屋根があるとやっぱり見た目が全然違いますよね。素敵なベランダになりました。

 2階から3階への階段と、2階の天井が繋がって、全て並べるとこんな感じです↓。

f:id:otajoy:20180908213216j:image

 

 これでやっと、100号までの道のりの半分を突破です。頑張ったな~しみじみ。

 

 サブキャラフィギュアのフィリフヨンカ婦人、ニョロニョロ、おしゃまさんとなぜか橋が届いたので、こちらも紹介します。

 f:id:otajoy:20180908213253j:image

 フィリフヨンカ夫人「あなたの息子さんがまたうちの子供達を連れ出したんでしょ」

 ムーミンママ「あらまあ、何の事かしら?」

 そんな会話が聞こえてきそう。

 

 f:id:otajoy:20180908213248j:image

  橋を通りかかるクールなおしゃまさん(女性)。橋の上にはぜひスナフキンに座ってほしいんですが、付属のフィギュアでは大きすぎました。

 そこで、以前ガチャガチャでゲットしたコップのふちにかけるムーミンフィギュアを載せるとなかなかぴったり。このガチャは、スナフキンが座って釣りしているのもあるんですよ(何回回してもゲットできず。いつかは取ってこの橋の上にのせたいな)。

  f:id:otajoy:20180908213314j:image

 ムーミンスナフキン、ちょっと助けてよ~~~」

 

 ムーミンハウス作りは楽しいし、フィギュアのクオリティは高いし言うことはないとはいえ、一つ不満がありまして。。。。

 それは、いっぱい椅子があるのに、付属のフィギュアで座れるのはスニフとかろうじてご先祖様のみってところ。なんというか

 作った椅子やソファに座らせるキャラが少なくてもったいない!!なと。

 

 ということで、これを解決するべく検索していたら、こちらを発見しました。

ムーミン のせキャラ

ムーミン のせキャラ

 

  早速ポチっとな(ムーミングッズは息を吸うようにポチります)。

f:id:otajoy:20180908201715j:image

 本来は、トーテムポールのようにフィギュア同士を載せて遊んだりするものらしいですが、そのまま鑑賞しても可愛いフィギュアです。

 

 届いたものをムーミンハウスの椅子に座らせてみたところ、私の不満は解消されました。 

f:id:otajoy:20180908213324j:image

  ベランダの椅子にパパが座っても、

f:id:otajoy:20180908213340j:image

 ダイニングテーブルの椅子にムーミンとミイが座っても、

f:id:otajoy:20180908213351j:image

 ソファにスノークのお嬢さんが寝転んでも、

 

 あつらえたようにぴったりはまりました。あ~買ってよかった!

 

 スナフキンも座らせたいから、こちらもポチっちゃおうか迷い中です。

 

ムーミン のせキャラ ムーミン2

ムーミン のせキャラ ムーミン2

 

 

 

2018夏休み 宮古島旅行 その4

 4日目の朝。晴れ。午後から岐路に着く日だったので、午前にドライブすることにしました。

 向かった先は、伊良部島下地島宮古島から周辺の島にかかる3つの橋の中で一番大きな橋を渡った先にあります。

f:id:otajoy:20180901214255j:image  f:id:otajoy:20180901214244j:image

 両サイドに青い海を見ながらのドライブは爽快ですよー(運転中の写真は助手席の娘が撮ってくれました)。

 

 伊良部島の「渡口の浜」と言われるビーチへ行ってみました。

 「渡口の浜の反対側の岩場」(一眼レフ)

f:id:otajoy:20180902090014j:plain

 波が当たる岩場の反対側に、人の少ない穏やかなビーチが広がっています。

 

「ビーチではすぐに走り出す娘」(一眼レフ)

f:id:otajoy:20180902085908j:plain

  この日は雲一つない青空で、上見ても下見ても、

 青・

 色んな種類の青が楽しめます。本島のビーチに比べると人がすくなくのんびりできそう。

 

 そして、次の目的地は、隣の下地島にある「通り池」

 二つの池が地下で繋がっていて、さらに海につながっているという池です。

f:id:otajoy:20180902090708j:plain f:id:otajoy:20180901214239j:image

 小道を歩いていくと、案内する石が見えてきました。

 小さい方と大きいほう、二つの池を同時に・・・・・は、撮れません。どんな池か知りたい方はgoogleさんで画像検索をしてみてください。

 娘が「これ取るにはドローンがいるね」と言っておりました。池のブルーは凄く濃い青です。その向こうにはすぐ海が見えます。

f:id:otajoy:20180902090718j:plain

 通り池から、佐和田の浜に行く海岸沿いもマリンブルー一色。
f:id:otajoy:20180901214250j:image

 

 

 「日本の渚百景の一つ「佐和田の浜」」(一眼レフ)

f:id:otajoy:20180902091444j:plain

 青のグラデーションを堪能~。は~~ずっと見ていたい。動きたくない。。。。

 

 更に車を海岸沿いに走らせると、「フナウサギパタナ展望台」に到着。

f:id:otajoy:20180902092253j:plain

 鷹?の形の展望台を登っていくと、こんな感じで海が見えます。

 「フナウサギパタナ展望台からの景色」(一眼レフ)

f:id:otajoy:20180902092304j:plain

 お土産を売ってるおじさんが、波間に泳ぐウミガメを教えてくれました。透明度抜群だから、遠くからでもウミガメが泳ぐ姿が見えましたよ(ただし、小さいので双眼鏡があるとよいかも)。

 時々途中下車しつつ、ビーチでは少しのんびりしてお腹が空いたころに、伊良部島のカフェレストランへ。

 f:id:otajoy:20180901214237j:image f:id:otajoy:20180901214242j:image

  海を眺めつつ、ランチを堪能してきました。
f:id:otajoy:20180901214253j:image 

 伊良部島は、宮古島空港からも橋を通れば近く、宮古島の街中からも近くて行きやすいうえに、海がとても綺麗。海沿いは開発中のリゾートホテルの工事も行われていました。次、宮古島に来ることがあったら伊良部島に宿泊するのもよさそうです。

 3泊4日では、島の東半分の一部だけしか回れなくて、西部分は全く行ってないので、もう一度リベンジしたいな。池間島八重干瀬にも行ってみたかったです。

 今回の旅で、いっきに宮古島のファンになりました。

 

 午後からは岐路に着き、ようやく飛行機の中で読書。

 ハイキューの新刊を読んで、感動しちゃって涙がこらえられませんでした。天才も初めからそうじゃなくて、ちゃんと努力してる姿が美しい。
f:id:otajoy:20180901214247j:image

 なぜ飛行機で読むのにこれをチョイスしたんだ自分よ。ハイキュー読んで泣くのはいつもの仕様なのに。

 

 年々体力が落ちて、海であそぶとバタンキューとなるのがわかっているのに、今年は一眼持ってカメラでも遊んでしまいました。宮古島の色んなブルーを撮るのが楽しくてね。

 

 遊んでよし、見てよし、撮ってよし、食べてよし。宮古島は最高!!。

 

 今日で子供の夏休みも終わり。

 また来年の夏休み旅行に向けて、親はコツコツと資金を貯めないといけません。遊んだ後は少しお仕事もガンバローって気になるから、バカンスはやっぱり大事です。できる事なら一部の欧米のごとく1か月くらいのバカンスタイムをいただきたく・・そんな日本になるにはどうしたらよいのでしょうね。