ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

学会とコミケ

再放送予定 - 知られざる“コミケ”の世界 - NHK

 先日NHKの特別番組で放送されたこの番組を見て、「あーコミケ行きたい」と思う今日この頃です。ただ、テレビでみたあまりの行列に、あの場所に行く体力が今自分にあるのかと言われると。。。ないかも。現状、物理的にも(関東在住ではないので)、時間的にもそんな余裕がないんですが。

 コミケ内の医療現場も取材されていてたので、いつか医療ボランティアで参加してみたいなあ。自分でも役に立つことありそうだし。どうやったら医療スタッフとして参加できるのでしょうかね。1日目とか若い女性の参加者が多そうだから、医師がオタクな女医さんとか、案外安心していただけるかも。

 子供が大きくなってきたので、去年くらいから学会参加も何とかできるようになってきて、学会に参加してきたときに思ったこと。自分の専門分野の医師の女医の割合は、多分3-5%位で、圧倒的に男性ばっかり。休憩時間になると男子トイレは長蛇の列、女子トイレはガラガラで、このときばかりは女医でよかったーと思いつつ、コミケの3日目(男性向けジャンル)てこんな感じかなと物思いにふけってました。

 ある意味、医学の学会も、ある分野の医療オタクの発表会ですからね。じゃあ、私の専門分野は男性向けなのか!とひとりつっこみいれたりするのでした。