読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ハイキュー!!

マンガ・アニメ感想

 

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

 

今、週間少年ジャンプで連載中のバレーボール漫画。ジャンプでバレーを題材にした漫画ってほかにあったかな?

とにかく読んで最初に思ったことは

 

あー!バレーボールしたい!!!! 

 です。自分、小学校からバレーボールやってまして、学生時代の放課後の大半をバレーボールの練習に費やしておりました。背が高くて、ショートカット、バレー部のアタッカー、制服のスカートよりジャージが似合う、絵に描いたようなバレー部女子でした(練習終わって家に帰ったら、ほぼ漫画読んでましたが)。

エース! (1) (集英社文庫―コミック版)

エース! (1) (集英社文庫―コミック版)

 

  なんで小学生時代バレーをはじめたんだっけ?と思い返すと、当時読んでいた「りぼん」で、↑の漫画が大好きだったから。何回も何回も読み返してた記憶があります。漫画を読んで、その競技が面白いと思ってはじめる子供って結構いるはず。

私より前の世代だと、アタックNo1とか。テニスならエースをねらえとか。

 その後、バレーは大学卒業するまでやってました。ある意味、長ーくはまってたなあ。今思えば青春時代。スポーツ漫画でよく泣ける、オリンピックや箱根駅伝みてもすぐ泣けるのは、当時の記憶を思い出してすぐ感情移入しちゃうからなんでしょう、きっと。

 

 と、ハイキュー!!の感想を書こうかと思っていたら、ついつい脱線しました。

 この漫画の5巻で、IH予選の一回戦で負ける同じ高校の女子チームや、相手チームの描写が丁寧で、そういう、普通ならモブ扱いのチームにスポットを当ててくれていたのが印象的でした。トーナメントだと、一回戦で負けるチームが半分ですもんね。自分も春高予選で、強豪校にいきなりあたりズタボロにされた記憶があります。この巻は泣けたー。

 とんでもない技が出たりすることなく、地道に普通のバレーの技を練習していて、チームのメンバーひとりひとりの成長の物語があり、相手チームの成長も丁寧に描かれていて、読んでてほんとにバレーっていいなと↑の叫びにつながりました。一試合、一試合、結構泣かされます。

 

 アニメも1期が終わり、今度は2期が制作されるとか、楽しみすぎる~。アニメの作画きれいだし、試合のテンポも見せ方もいい。そして一期の後半OPでスキマスイッチが主題歌だったのは、何~豪華すぎる!と思いました。スキマスイッチ昔から好きなんです。

 まだまだ連載中。みんながどう成長するのか(特に山口君)、春高に出られるのか、牛若(今のところのラスボスっぽい)に勝てるのか~と、今後の展開に注目です(現在14巻まで読んだ時点で)。

 

最後に、どうやら一部の女子人気も高い作品のようなので、以下少々「腐的考察」を

  みんな好きなキャラクターだけど、かっこいい!って思うのは、やっぱり澤村キャプテン。烏野のお父さん的存在。ほんとに高校生ですか。女子バレー部の子、あんなこと言われたら好きになっちゃわない?。

 王道は影日かな~「俺がいればお前は最強だ!」って、影山君、熱いよ-。二人の信頼関係あっての速攻だから、決まると目頭熱くなる。主人公コンビの絆がこれからも展開されていくのでしょう。

 地味かもしれないけど、私は烏養コーチ×武田先生や島田さんなんかの大人組が気になって仕方がないです。