読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

妖怪ウオッチ誕生の秘密だニャン!

36ピース クムクムパズル 映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!  フユニャン 

 金曜日は、子供の大好きな「妖怪ウオッチ」の放送日。今、保育園の子供達にも大人気ですねえ。夕方6時半からなので、これを子供が見ているうちに、私は夕ご飯の準備などをしてます。だから、歌とかは知っていたけど、内容はさっぱり。

 妖怪と言えば、「ゲゲゲの鬼太郎」でしょーって世代でして、、、子供が妖怪ウオッチ見ている横で、「げ・げ・げげのげ~♪」なんて歌っている母です。

 お正月明けに子供にねだられて、こちらの映画を見に行きました。最近映画館に行ったのって、年末に「アイカツ!」、年明けに「妖怪ウオッチ」、最近「ベイマックス」と、ほぼ子供の付き添いばかりです。子持ちはしょうがないですよねえ-。が、行ったからには1800円分の元をとらなきゃもったいないと思う貧乏性でして、、、、

(子供に付き添っていびきかいて寝ているお父さん、、、1800円もったいないよ-。1800円分の安眠を買っているのかもしれないけど)

  コーヒー片手に目を見開いて見てました。子供向け映画でも、何処かに萌えどころを探して楽しむべし!をモットーとしています。今回の映画は、とにかくフユニャン(上の画像)のイケメンさに萌えておりました。まずね、声がイケメン(CV:梶裕貴)。要所、要所でみんなを助けて、ボロボロになっても戦って。カッコイイ。。泣ける。

 あと、所々にでてくる「くま○ん」がとっても気になった。最後に仲間になって一緒に戦うのかなあと思ってたのだけど、、、、ごにょ(ネタバレになるので自粛)。今年の冬に第二作の映画ができるようですが、次は「ふなっ○-」あたりも出てくるのだろうか、意表を突いて「おかざ○もん」だったりして。そんなことを考えながら映画終了。

 子供は笑って楽しそうに見ていましたのでよしとします。