ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

オタク女医あるある

 オタク女医あるあるを考えてみた(ど~でもいいですよ~♪)



1,職業柄オタクだと悟られるのはまずいと考え、ほぼ隠れオタク。職場では一切、それと悟られないように過ごす。だから、たとえ医師の中に同好の人がいたとしてもリアルではなかなか出会えない。唯一するのは、子供の見ているアニメの話程度。

 

2,病棟回診中に患者さんのベットの上においてあるマンガや見ているDVDで、だいたいその人のオタクぶりがわかるが、もちろんそのことが超気になりつつも、平常心で病気の説明(入院中って暇だから、ポータブルDVDや本やマンガを持ち込む人多し)。時々美少女アニメのDVD見てるおじさんや萌え女の子の絵柄のついたTシャツ着た男性がいたりする。


3,下ネタにめっぽう強い。ほぼ男しかいない医局にいて、そこで飛び交う下ネタにも動じない。もともと医療現場って日常的に尿やら便の話をしていて、その手のことに麻痺している上に、腐っていると大抵の下ネタは平気だし。

 

4,東京で学会や研究会があると、とりあえず池袋に寄ってみようと思う(地方民に限る)。

 

こんな感じか、、、、私だけかも。