読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ひな祭りメニュー真面目に作成。

今週のお題「ひな祭り」にエントリー。

f:id:otajoy:20150301193043j:plain

 娘にせがまれて、昨日やっと出したお雛様(おや、後ろに誰かの影がうつってるな)。このお雛様は娘が産まれたときに、私の実家の両親に買ってもらったものです。1月末生まれの娘は、1か月検診が終わってすぐが初節句。生まれたての娘連れて、実家の両親(当時はまだ里帰り中)と3人で一緒に選んだなと懐かしい。田舎だから、いまだに5段飾りも売れているみたいだけど、当時マンション住まいだった&仕事してる私は5段飾りを管理できないため、親王飾りになりました。

 実家には、私の5段飾りもまだあります。実家の両親も共働きだったから、私達が子供の頃、5段飾りを出すの大変だったろうな~(今になってわかる両親の苦労)。ずいぶん見てないけど、母は数年に一回は風通しをしているようです。

 いつか、娘に私のお雛様見せてあげたいな。きっと驚いて、「ママずるーい」って言われそう。いつも「なんで私のお雛様は2人しかいないの?」って言われますから(保育園では5段飾りが飾られてるせいと思います)。

f:id:otajoy:20150301193052j:plain

 そして、今日は雨で外に全然でれそうになく、何しようかな~と考えていて、せっかくだから「ひな祭りメニュー」を作ろうと思いつきました。ちなみに今までちらし寿司といえば「すし太郎」くらいだった私。今日はせっせと、本を見てちゃんと一から作り上げました。珍しく台所に2時間居座ったよ。まあ、今週馴染みの患者さんからレンコンを沢山いただき、一緒に大量の筑前煮を作ったのもあります。(ほんとは患者さんから物をもらってはいけない規則だけど、「先生にできた野菜をあげるのも生きがいで」と言って通ってくださる常連患者さんがいて、無下に断ることもできずありがたく頂いてます)

一生作り続けたいおかず: 50年の名門料理教室のベストレシピ150

 

 今回参考にした本はコチラ。夫婦とも料理を真面目にしないのに、『料理本』だけは収集する癖がありまして。なんというか、見てるだけで作った気になり満足するというのが、我が家の料理本の楽しみ方です。ついつい買って置いてある中の一冊(普段はクックパッドのお世話になりまくってるくせに)。でも、この本を見て作ると、ちゃんとした定番料理がおいしく作れていい本です。

 出来上がったのを見て夫は「何々?今日はなんでこんな気合入ってるの?すし太郎じゃないのか」と驚いてました。私が真面目に料理するのがそんなに珍しいか・・・そうか、いや、そうだよな。。。。と。普段の手抜き料理を思い出し自分も納得。

「いや、私はやればできる子なのよ(めんどくさくてやらないだけで)」と反論しておきました。食べた夫は「ほんとだ、ちゃんと美味い。すし太郎とは違うね」と(だから、なんで比較対象が「すし太郎」なのだよ!

 ほんとはハマグリのお吸い物が定番かと思いつつ、近所によいものが売ってないから大きめのアサリでお吸い物も付けました。はーめったにやらない真面目メニュー&ちゃんとした行事メニューで、自分も達成感あり。娘もお腹がパンパンになって苦しくなるくらい食べてくれました(彼女の好物はイクラです、、贅沢な!)。

 そしてついでにこうやってブログもかけてさらに満足です。はてな編集部さんありがとう。