読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

初・リバティ

 「せっかく服が縫えるようになったのだし、卒園式は手作りワンピースを着せよう」と考え、早数カ月。あと卒園式まで2週間もなくなり、あわてて本日作成しました。

 私は、テストや学会準備も大抵ギリギリにならないと萌えない、、と、違った、、、、燃えないタイプです(『もえ』を変換すると、最初に『萌え』とでる私のパソコン何とかしてください)

 

         f:id:otajoy:20150314225144j:plain

 今回は、なんと、コットン界の女王、憧れの「リバティ、タナローン」を使ってみましたよ(この花柄の布です。実物はもっと華やかです)。コットンの布(ペラペラのうすーい布)は、普通1m500円とか割と安価なものが多いのに、この「リバティ」さんは、1m3000円もするのです。今まで憧れつつも、私の腕ごときが手を出すには恐れ多いと、眺めているだけで満足していたのですが、今回はせっかくの卒園式。えいやっと、デパートで2m購入しました。つまり一部の布代だけで6000円。イオンで安いワンピを買った方が断然お得ですよね。。。。

 そもそも、昔は衣料品代を浮かせるために「母さんがよなべーをして♪」服を作っていたのに、現代は買った方が安いんです。作るのはもっぱら、自己満足、趣味の世界です。あとは、少しでも母の愛を込めたいという親ごころでしょうか。母の愛はプライスレスです。

 今回は、夫に「卒園式の服だし~カンパを」とおねだりして、布代を出してもらったので、リバティに手を出しちゃいました。はー、肌ざわりも素敵だな(うっとり)。いつもは、「それはお前の趣味」と言われ、布代は自腹でしたから。

 

 今回服を作るにあたり、参考にしたのはこちら↓


型紙ショップ MahoeAnela(マホエアネラ)

 マホエアネラさんという型紙屋さんのワンピースのパターン。シンプルでいいなーと、発売当初の1年ほど前に購入。型紙のお値段はそこそこするものの、サイズごとに縫い代がついて、さらに型紙がカットして送っていただけるのです。なんて、素敵なサービス。縫う前の縫い代つけるとか、型紙張り合わせて切るとかがめんどくさくてなかなか縫いモチが上がらない私にはぴったりの型紙屋さんです。

 それでも、久々のコットン&ボタンホールに悪戦苦闘し、かなり時間かかりました。とりあえず完成品↓ ボレロ着てる風ワンピです。ボレロとワンピはくっついています。。写真が暗いわ。。。太陽の下に行くともっと春っぽい明るい感じです。まあまあ、イメージ通りにでき自己満足。

 

f:id:otajoy:20150314225159j:plain

 今日はお昼すぎからミシンに取り掛かって、娘には「今日はお母さんミシンするから、好きなことして遊んでてー」といって作業してました(夫は仕事)。すると娘は、ソファにごろっとして昨日録画しておいた「かぐや姫」のアニメ映画を鑑賞。そののち、またソファでごろっとして漫画を読んでました(誰かに似てるぞ!)

 夕方、夫が帰ってきて、私が「おー、これも遺伝か」と言っていると、夫は「いや、親の姿を見て学んだんだろ(←あきれつつ)」とのこと。

 娘の前ではもうちょっとちゃんとしよう。。。。反省。

 娘が寝てからやっと完成したので、明日はこれを見た娘の反応が楽しみです。