読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

保育園母卒業

今週のお題「卒業」

 今日は、娘が保育園に通う最後の日になりました。3年間着て、すっかり小さくなったスモックともお別れです。

       f:id:otajoy:20150331202757j:plain

 朝はクラスで一番早く行き、夕方もあと数人しか残ってない時間まで、最後の保育園を目いっぱい楽しんできました。迎えに行ったら担任の先生も残ってらっしゃって、帰り際に最後の「ハグタイム」を。それはそれは、パパが見たら妬けるかもってほど、濃厚なぎゅー!!を先生として。こら、いつになったら先生と離れるんだ、君は。。。

  

 お世話になった保育園とも本当のお別れです。私も「保育園児の母」を卒業しました。ワーキングマザーにとって味方だった保育園も終わり、これからは未知の世界の「小学生の母」に。ネットで見ると「子供会が」「PTAが」「モンスターペアレントが」など、またガクブルする情報が流れ来て(私の情報収集場所が悪いのか・・・)、やっていけるのかなと心配に。

 大学を卒業したら、もう卒業するものなんてないと思っていたけど、親になると子供の成長とともに、節目節目で「〇〇の母卒業」を迎えるものなんですね。

 

 赤ちゃん時代は、慣れない育児に、仕事と家庭の両立は想像以上に大変で、イラつくことも多くて。夫ともいっぱい喧嘩して。

 同じ仕事しているのに、私だけ時間を気にして超特急で仕事を終わらせ、早く帰って育児、家事して。夫は、時間気にせず仕事して出世して、自由に学会に行って、仕事帰りに夜飲みに行って、、、、(そして収入は同じくらい)。私はというと、学会に行くにも「夫の予定」を伺い、年に2,3回ほどの職場の忘年会、歓迎会ですら「行ってもいいですか」とお伺いを立て。。。学会にいけないから単位取り損ねて、せっかく取った専門医をなくしそうになったことも。

 まあ、もうそういう「なんで自分ばっかり」な時期も通り過ぎて、夫がいないならいないなりに自分の好きにさせてもらうわ♪、家にいる時間が長いんだったら、家で自分が楽しめる趣味見つけて楽しんでやるわ。子供の成長も、子供からの愛情も夫より沢山見て、沢山受けてきたわっ、「夫よごめんね」て思うようになりました。

 夫は夫で、私に対して「申し訳ない」という引け目があったと思うし。よく考えると、時間がないなりに精いっぱい協力はしてくれてたと思う。専業の奥さん持ちの人に比べたらあれこれ我慢させて、協力させて。

 ただ、私の要求が高すぎたんだよね。同じ親なら、私と同じくらいやってよ!ってさ、、、、。私がいつ死んでも、娘に私と同じようにしてあげてよって。。。。相手に期待するのが間違ってるって途中で気づいて、悩むのももうやめましたけど。

 一回、「アンタなんていなくても生活には困らないから、いつでも離婚してやる!!」って言ったのは後悔しております。スイマセン、あなたがいないと困ることもいっぱいあります、ホント。

 

 そういう、ワーキングママとして熱い自分ももう卒業。6年もたてば、当初の熱さも忘れるし、娘も成長して育児が楽になり、私も自分の時間が持てるようになったり、最近は趣味も充実してきて、出かけなくても家でネットしたり、漫画読んだり、アニメ見たりするのも楽しいし。ヲタクだったこと思い出して良かったーー、なんで10年以上忘れてたんだろ。

 この調子で穏やかワーママとして、小学校時代も乗り切りたいな。