読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

学会から無事帰宅

 学会から無事帰ってきました。

 飛行機の乗る日の朝、夫に「もし飛行機が落ちて私が死んだら、頑張って娘を素敵なレディーに育ててください」と遺言を残して出発。そもそも、私が育てたら「干物女子」にはできても、「素敵なレディー」は無理だと思うので。

 幸い、ここでこうしてブログを書いているので、飛行機は落ちずに無事帰宅できました。やれやれ。夫は鉄道好きなのでめったに飛行機には乗りません。私は時間重視。ワーママにとっては「時は金なり」ですよ、間違いなく。

 

 学会は、昼間はずーっと座って、講義や発表を聞き、尻と知識を詰め込み過ぎた頭が痛くなりました。普段動き回ってるから、じっとしているのは性に合わない臨床医です。もともと研究向きの性格じゃないから、大学院をでて臨床医をやってるわけでして。まあ、臨床に戻ってみると、じかに患者さんに接している分、色々疑問点が出るので、これをまとめたら面白そうだなとか、発表ネタは一杯思いつくのですけどね(妄想するのは得意w)。いかんせん、臨床(=普段の外来&手術)が忙しすぎて研究発表する気力がなかなかでないという。

 他の先生の発表を聞いていると、自分も!っていつも思うのです。元上司の教授に「お前も発表しろ!」って言われるし。ネタはあるから来年あたり発表するかなー。準備に時間かかるんですよ、私。

 これって、イベントに出て他の人の同人活動みて、参加する楽しさに「自分ももっと描こう」って思うのと一緒だな。めちゃ刺激されてその気になるものの、いざやろうとすると、他にもすることがいっぱいあって全然進まない。。。

 

 研究の準備より、目の前の苦しんでる患者さんの治療が先っていうのが臨床医です。例え研究発表できなくても、大学で研究している先生方の成果を臨床に有効に使っていくのが今の仕事だと、臨床医の私は思ってます。学会で発表しないと医師として評価されないけど、そんな評価より患者さんに喜んでもらうのが臨床医の醍醐味っていうかさ。。。。

 

 昼間はそんな感じで参加しつつ、夜は2晩とも元上司やそのお仲間の他大学の先生たちと飲んだくれてました。そのせいで昼間の眠気は半端なかった。単位を取るためのモーニングセミナーとか朝7時30分過ぎからあるし、早すぎだろーー。ちゃんと妄想しつつ乗り切りました。

 夜飲んでいると、大学にいた独身時代の方が仕事はめちゃくちゃやってたのに、今の子持ちで働いているときの方が自分の評価が上がってるのってなんでだろう。子持ちなのに親に頼らずフルタイムで手術までしているってのが、どこの大学でも珍しいらしい。独身でバリバリ仕事している女医さんをもっとリスペクトしてください(結婚してないとお局とか言われるのってさー、別に結婚しなくても仕事がんばってるならそれはそれですごいことですよ)。私は仕事は以前のようにできなくて申し訳なく思ってるんで。

 8年も前に、自分都合で医局を飛び出した自分をこうやって誘ってくれて、「頑張ってるみたいだな」って言っていただけたのは嬉しかったです。ええ上司だったなあ、ほんと(酒癖は今一つだけど、、ボソッ)

  2泊して家に帰ってきたら、娘に「ママーーーー!!」て抱き付かれて押し倒されました。さすがに最近怒りっぽいパパと二人は寂しかったか。2,3日離れると、娘がいつもより可愛く見えるから不思議ですね。行く前は一人になれてヤッホー!って思ってても、いざ離れて帰ってくると、娘にまとわりつかれてもやっぱり自分の家が落ち着きますね。

 とにもかくにも、無事帰ってきたので、今日は1日娘の相手しつつ、いない間にたまったアニメや読みたい本を見たり、学会先でゲットしたスパコミのパンフレット見たりして、萌え補充しつつ疲れをいやしたいと思います。