読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

手をぬらさない米とぎ

 少し前に、炊飯器の一部の部品がなくなっているのに気が付いて(全然知らずに炊いていた、、いつなくなったの?)、昨日は新しい炊飯器を買いに電気屋さんに行ってきました。

 ずらっと並んだ炊飯器の数々・・・2,3万から10万以上するものまで沢山ありました。事前に機種チェックとかしてないから、とりあえず店員さんを捕まえて、「これこれこういう感じの炊飯器ください」と、要望を伝えました。『私の希望=そこそこ美味しい(美食家じゃないからそこまで味の違いがわからない)+なるべく早く炊ける+手入れ簡単+釜が重くない』の4点です。ワーママですから「味よりスピード、手間いらず重視です」

 そして購入したのがこちら。今までと違ってなんだかかっこいい。お値段は中の上くらいしました。いろいろついているけど、取り合えず炊ければいいやと説明書も見ずにスイッチオン。炊いたご飯は、今までのやつより少しおいしい気がしましたよ(違いの判らない女でスイマセン)。

f:id:otajoy:20150426211059j:image

 炊飯といえば、冬にお米を研ぐのって水は冷たいし、手は荒れるし、嫌な作業ですよね。よっぽど無洗米に変えたいと思ってるんですが、我が家の米は夫の実家から供給されてくるので普通の白米です。いただけるのはとってもありがたいけど、手術でも何回も手を洗って冬は手あれがひどいので、なるべく家事には水を使いたくなくて。

 そこで、数年前から『泡だて器』を使って米を研いでました。すると、それを見たママ友が、「泡だて器だとしゃかしゃかいってうるさいから、プラスチックの専用のが売ってあるよ」と教えてくれまして(おお、同じようなこと考える人がいるんだなと)。早速購入して使ってます。

 

 我が家の米研ぎ道具↓

f:id:otajoy:20150426211103j:image

 釜でシャカシャカして、水捨てる時も、この米が落ちないようにする道具使えば、まったく手をぬらさずに米が研げます。これで冬の米とぎ作業も苦行じゃなくなりました(ザル使いなさいよ、って突っ込みはなしで。少しでも洗い物増やしたくないんです)。

 普通に研いだものと、こうやって研いだものの味の違い・・・・・私にはぜんっぜんわかりません(味音痴)。海原雄山先生や味王様にはばれるかもしれない、、、、美味しんぼで以前「米の粒をすべてそろえて炊く」という雄山先生の米の炊き方見て、「どんだけ手間かけるのーー!!」って思ったのを思い出しました。

 

 新しい炊飯器、ちゃんと使いこなさないとな、、って思いつつ、電気屋に行ったついでに「オタク専用MYノートパソコン」も買ってしまい(気に入ったのが置いてあったんです)、今現在、炊飯器よりもこちらの設定に夢中になり、このブログ記事もやっとネットにつなげた新しいノートパソコンで入力しています。夫からの、「出費が・・・」というつぶやきは聞こえないふり・・・。