読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

主腐の夫について考えてみた

 『主腐』(←結婚して夫のいる「腐女子」をこう呼んでみます)の皆さん、ヲタク活動楽しんでますか?

 (ちなみに「腐女子とは」⇒腐女子 - Wikipedia を参照のこと)

 

  学生の時含め、独身時代は部屋の中に「好きなキャラのポスター」貼ったり、床に「薄い本」が転がってたり、パジャマにビール飲みながらアニメ見たり、パソコンに張り付いてチャットしたり、ちょっとアレなお絵かきしたりしても全く問題なかったけれど、結婚すると常に、家に「血族以外の男子」がいるんですよね(異性の兄弟とか親とか血がつながってる人は別として)。

 付き合ってても、一緒に住んでなければ隠せるものの、一緒に住むとなると、それだけでオタ活動範囲(活動時間)が限定されてきませんか?皆さんの旦那さんの「妻の趣味」への理解度はいかがでしょうか。

 

主腐の夫を勝手に分類してみた

  1. 全く知らない夫:妻が完璧に「オタ」「腐」を隠しており、まったくそれと気が付いていない夫。漫画、アニメにすら全く興味がなく、「腐女子」という単語すらよく知らない。
  2. うすうす気づいているが放置する夫:なんとなくアニメや漫画が好きな妻だなって気が付いているが、普段の会話に「オタ」「腐」な話も出てこないので、特別気にしてない夫。
  3. 完全に知っているが放任する夫:妻が「腐女子」と知っていて、横で漫画読んだり、BL系の本見たり、アニメ見たりしているが別に気にしない夫。
  4. オタクな夫:方向性は違うが、夫自身もアニメ、漫画、ゲーム好き。妻がオタクなのも容認しており、気に入った作品は一緒にアニメみたり、イベント行ったりする。ただ「腐」作品は読まない夫。
  5. 腐男子な夫:夫自身もオタクなうえに、「腐」もオッケー、むしろ好きで、妻と一緒にたしなむ夫。

 

 細かく分類するともう数種類ありそうですが、とりあえず大雑把にはこんな感じに分かれるのではないでしょうか。

 

 一緒に住んでいて「1」の夫を持つ奥さんや、夫に絶対にばれたくないと完璧に隠す奥さんは大変ですね。こうなると、夫が家にいない時間しか、漫画やアニメも見れないうえに「腐な本」は完璧に夫の目に入らないところに隠さないといけない。

 専業主腐なら、夫が仕事に行ってる間に・・・とか、出来そうだけど、共働きだと「夫が寝てから」くらいしか活動範囲がない。もう足を洗うしかないのでしょうか。そこまでして「腐」を隠さないといけない理由は私にはわかりませんが、そういうご家庭もあることでしょう。

 それにしても、世の中に「腐」がばれて離婚とかってあるんでしょうかねえ?万が一、離婚裁判になっても、『腐な趣味』が「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たるとは思えないんだけど(⇒性格の不一致にはいるのかな)。

 

 「2」の夫であれば、 普通の漫画やアニメは見れますね。割と多いんじゃないでしょうか。奥さんが「腐」ばれを気にして少し隠してるだけという。「2」と「3」の違いは、奥さんが「腐」を隠しているか隠してないかの違いだけかな。

 

 「3」の夫なら、自分は興味ないけど、妻の趣味もとやかく言わないタイプでしょうから、気が楽です。ちなみに、うちの夫はここに入ります。私がイベント行くのも、何か読んだり、ネット上に何かを書いていても「また何かやってる・・・」くらいにしか思ってない。ライトな内容の薄い本も隠してないです、私。まあ、置いておいても読まないのがわかっているし。でも、さすがにあまりハードなもの(笑)を夫の目に入れるのはためらわれるので、そういうのだけは、こっそり夜中に読んでます。あと、下手な絵を見せるのも恥ずかしいから、お絵かきは基本、夫の前ではしません。やっぱり、独身時代よりは活動範囲が制限されるなあ、自分。。。もっと堂々としたい。

 

 「4」「5」はいわゆる「ヲタク夫婦」ですね。ちょっと憧れちゃいます。腐女子「男オタク」似て非なるもので、意外とこういう組み合わせのカップルって少ない気がするんですよね(都会には多いの?)。イベントも「男性向け」「女性向け」別れちゃうから、出会う機会ってそうないような。

 そして、「5」の夫って、いるのかなー。「腐男子」「腐女子」の組み合わせ夫婦。かなり少数派でしょうね。好きな作品が同じで、家でも語れたら楽しそう。あーでも、カップリングで喧嘩したりするのかしら?w

 

 まあ、『子持ち主腐』の場合、家で自由に動けない「夫」以外の理由として、「子供」も無視できません。小さい頃は理解できないのでまだいいですが、大きくなってくると「お母さん漫画読んでるー」とか、「何しているの?」とか覗き込んできますからね。私もさすがに娘に「腐」ばれはしたくないので、娘の目から今後どうやって隠していこうか考え中です。あ、でも、将来娘が「腐女子」になったら、一緒に楽しむ気満々ですよw。どう転んでくれるかなー。

 

 皆さんのご家庭はどうですかね?

 

  追伸:以前子供に見られたくない本の置き場所について悩んだとき呟いたこと↓。ほんと、いまだににどこに隠すのがいいか悩んでます(数が多すぎるんだよーーw)。最終手段は実家、または医局の自分の部屋の本棚の奥深くか(分厚い医学書の裏に隠せばわからない?)(うちの医局は医師一人づつ個室です)。