読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

牛丼の話と『祝!ペヤング復活!』

 月曜日です。今日も忙しかった。月曜日の午前外来はほんとに混むので、待ち時間が長いのが嫌な方にはおすすめできません。穴場は木曜日あたりか。。。

 

 昨日の「アルスラーン戦記10話」では、お金持ちそうな城主のいるお城で、ご馳走を出されて少し喜んだ顔のエラムをみて、「エラムはきっと『やったー!!今日の夜ご飯6人分作らずにすむ~、外食最高!』と思っているに違いない」と思った、兼業主腐の私です。毎晩夕食作るの大変だよね~、うんうん、エラムの気持ちわかるよと。専業、兼業にかかわらず、主腐の皆さん、毎日食事作りお疲れ様です。

 

 先週、私の患者さんの調子が悪く、準緊急で夕方から手術をねじ込みました。夫の方は、仕事が落ち着いていたので、私の代わりに娘を学童に迎えに行ってくれることに。その日の朝「で、俺たちの夕ご飯どうすればいい?」と聞かれ、(心の中では「え?私いつも作ってますが?」と思いつつも)、「まあ、作るなり、食べに行くなり好きにしたらいいよ、私のことは気にしないで」と言って家を出ました。

 術前の予想通り、いつもより時間のかかる手術で、終わった後はぐったりしたものの、トラブルなく自分の納得する形で終えることができて、「帰る時間を気にせず、手術に没頭できるって最高!!」と、すがすがしい気分でした。毎日遅くないから、そう言えるんだとは思いますが、、、、。(帰ったら、アレとアレであのおかず作って、何時までに食べさせて、風呂入れて、宿題確認してetcとか、考えずに済んで、仕事の事だけ考えれるっていうのが、精神的に楽なんですよね。)

 もちろん、家に帰ってもご飯は待っていない私。遅くなったし~と、数年ぶりに「吉牛」に行ってみましたよ。独身時代、家の近くに「吉牛」があって、仕事で遅くなると、一人で来てるおじさんや、お兄さんに交じって、女一人牛丼(夜12時ごろとかに)してたなあって懐かしくて。

 『牛丼一筋300年 早いの うまいの 安いの~』(BY キン肉マン)とか、ブツブツ言いながら到着。時々、この『牛丼~♪』を口ずさむことがあるから、娘も家で牛丼の話が出ると『牛丼ひとすじ~~♪』って歌えるようになりました。「なぜ300年なんだろう?」どなたか知ってますか?

f:id:otajoy:20150608205842j:plain

(吉牛HPより画像を拝借:特盛のカロリーすごい!!)

 久しぶりに行ったら、「牛丼」だけじゃないメニューも豊富でビックリ、え?ここ牛丼屋さんだよね?。野菜たっぷり牛丼とか、牛丼のイメージ覆しているじゃないですか!牛丼は「肉」ですよ、「肉」。若いときは「並ペロ」だった私も、アラフォーとなった今「並」の完食がきつかった。。。こういうところに年を感じてしまいますな。

 牛丼を食べながら、今度夫と喧嘩した時(や、腹が立った時)には、夫が寝た後に「額に『肉』」と書いて、それを見て怒りを鎮めよう、などと考えてました。翌朝これ見れば、二人とも笑顔になるハズだと。報復で、私が寝てる間に額に『腐肉』って書かれたらどうしよう・・・とか、どうでもいい妄想ですw

 

 

 話は変わり。。。

f:id:otajoy:20150608210057j:plain

 今日は、発売中止になっていたペヤングソース焼きそば』が、関東で発売再開!!というニュースがTwitter上のトレンドに上がっていました。

 昔、『ペヤングソース焼きそば』を私が知ったのは、『帯をギュッとね!』という柔道漫画で、柔道部員たちが焼きそば持って「まろやか~ん」って言ってる(たぶん、当時のCMのパロディですよね)ところを見てからだと思います。『帯ギュ!』高校生時代好きだったんですよ。柔道やろっかな?って思ったくらいには。当時、バレーボール部の副部長だったのに。。。漫画に影響されやすい私です。

  おー、kindle版出てる。懐かしい~また読みたい。

 

 『コウノドリ』にはまってる今は、『ペヤングソース焼きそば』といえば、鴻鳥先生の大好物!!(作中では『ポヤング』ですけど、パッケージまんまw)。よかったね、鴻鳥先生。これでいつでも、焼きそば食べれるよ。私も仕事で遅くなったときは、緊急手術後で遅くなって、術後にペヤング食べてる鴻鳥先生を妄想しながら『ペヤング』食べるからね。いつか、「ペヤング」の会社が気が付いて『ペヤング』×『コウノドリ』のコラボ商品とか出てほしい。アニメ化とかされれば出るかしら。

 

f:id:otajoy:20150608210953j:plain

ワールドトリガー』コラボの「ぼんち揚げ」みたいなパッケージ希望。アニメでは大人の事情で「あげせん」に変わってるのが惜しい。