読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ムーミン公式箱庭アプリで遊んでみたよ

ひとりごと

 6月12日にiOS版のムーミン箱庭アプリ(無料)がリリースされたので早速遊んでます。

 ハンドルネームと、アイコンを見てもらえばわかりますが、私、小学生からのムーミンの大ファンでして、前々からアプリの発売を楽しみにしてました。

f:id:otajoy:20150614114652p:image

 ゲームの詳細はこちらから↓

ムーミン ~ようこそ!ムーミン谷へ~ オープニングアニメーション - YouTube

 

 キャラクターは、ムーミンコミックスの絵柄に近くて、かわいくて、ムーミン谷のなかをテケテケ歩いているのを見るのだけでも癒されます。

 

 ゲームは、最初ムーミンムーミンパパ、ムーミンママの三人で始まります。畑に種をまいて、水をやってライ麦や、コーヒー豆、サトウキビなどを育てて、収穫。それを焚火や、かまどを使ってケーキを作ったり、パンを作ったり。また、大工の小屋で道具を作って、海で釣りをして魚を取ったり、浜辺の貝殻を拾ったりして、とにかくアイテムを増やしたり、与えられた任務(クエスト)をこなして、XPや貝殻を増やしてレベルアップしていきます。アイテムが増えると、お出かけしてさらにアイテムをゲットしたりXPを増やしたり、新しい仲間も増やすことができますよ。

f:id:otajoy:20150614114824p:image

 最初に出会うのはスニフで、次に出会ったのはスナフキンでした。わーい、スナフキン好き~~パイプ加えてて渋い。その次が、ヘムレンさんで、その次がスノークの御嬢さん(フローレン)。私はまだここまでしか増やしてないけれど、沢山キャラクターが隠されているようです。

f:id:otajoy:20150614114836p:image

 貝殻や、ルビーがこの世界での「お金」のようなもので、たまるとベンチや、舞台がゲットで来て、ムーミン谷の中に設置できます。設置した後タップすると、キャラクターが座りに来てくれたりします。これは一場面。コーヒー飲みながらスナフキンのハーモニカを聞くムーミン。いつでもムーミンの恋人はスナフキンですよね!!(←え?違う?フローレンじゃないの?って聞かないでねw私の中では、ムーミンの永遠の恋人はスナフキンなんで)

f:id:otajoy:20150614114700p:image

沢山ベンチを設置して、みんなで座ったり。キャラクターによって表情が違うのが面白いけど、こうやって座らせてみると、なんだかみんな悩んでいるように見えるなあ。元気出して、男子たち!

 

 それにしても、アイテムを増やすのには結構時間かかります、このゲーム。それと、レアな期間限定アイテムというのがあるのですが、これが結構高くって。ルビーってなかなか増えないんですよね。それが、2500ルビーとか、一日何時間ゲームやり続ければ増えるんだっていうルビー量。

f:id:otajoy:20150614115818p:plain f:id:otajoy:20150614115809p:image

 

 そういう時は、課金するとルビーもらえるんですけどもね。。。。

f:id:otajoy:20150614114802p:image f:id:otajoy:20150614114751p:plain

 ルビー高すぎる~~~~飛行鬼の探してた特別なルビー、トフスランとビフスランが大切にしてたルビー、だったとしても高いよ。ルビーがあると、アイテムも買えるし、料理時間や釣り時間すべてが短縮できます(大工部屋で道具作るのに1時間とか、パンに20分とかかかるの。畑に植えたものも収穫するのに数分から~数十分かかるし)。「お金で時間も買えるよ」という、「USJ方式」なんです。うー、課金~~するとゲームの醍醐味が~~~でも、レアアイテムのすべり台欲しい~。ミイが滑ってくれるみたい、しかも、このレアアイテム、くじだから一回引くだけでは欲しいのが当たりません。期間ギリギリまでにルビーたまらなかったら課金を考えてしまいそう。

 ムーミン好きな方なら楽しいゲームだと思います。休憩の合間に、ちょこちょこアイテムを増やしてまったりゲームするのもいいかもしれませんね。

 

 

 ブログをここ数日更新できなかったのは、仕事が忙しくて夜起きられず撃沈してたのと、このゲームにかまけていたせいと、週末は研究会に参加したり、ワイン女子会を開いたりしていたためです。

 昨夜、ワインを私と職場の医療事務さん3人と4人で飲んでまして。仕事やプライベートなことを思いっきり言い合ってストレス発散してきました。美味しいお酒と料理、楽しい会話~、女子会最高です!。医師も医療事務も、患者さんにもっと丁寧に時間をかけて接したいのに、患者さんが多すぎてつい、その場をこなしてるだけになってる状況、何とかならないかな~って言い合ってました。スタッフの心は一緒だ。

 ただ、ゆっくり説明できるくらいの人数の患者さんを診てるだけでは、病院は赤字になってしまうという現実。もどかしいですね。