読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

2015夏休み~西表島旅行記 その2

 2日目、朝の目覚めはさわやかに、前日のお酒も残ってなく起床。飲みすぎて二日酔いだったらどうしようという心配も、全然ありませんでした。

 自分の肝臓の代謝酵素君に感謝。私の肝臓のアセトアルデヒド分解酵素を擬人化したら、きっと仕事のできるクールなイケメン男で、夫の分解酵素は弱弱しいドジっ子な可愛い系男子だろうね。。。なんて妄想。前日、飲みながら、お互いのアセトアルデヒド分解酵素の働きについて夫と議論してた理系夫婦です。いっそ、細胞擬人化漫画があるなら、酵素擬人化漫画もいいかもとかね~。

 

 って、脱線した、スイマセン、戻そう。

 

 2日目は、亜熱帯のジャングル体験に向かいました。ほんとはツアーで行きたかったのだけど、取れず、バス停でバスを待つスタイルに。しかし、ホテルのツアーデスクから渡されていたバスの時刻表が、バス停に書いてあるものと違ってて、待てどもバスは来ない。それをデスクに知らせにいくと、なんと車で送ってくれることになりました。私たち怖かった?とにかくラッキーと、ホテルの車で川の船乗り場まで連れて行ってもらい、無事に船に間に合いました。

 ジャングル体験は、浦内川の上流まで船で行き、そこから徒歩で山の中の滝を目指すコースです。

f:id:otajoy:20150830211523j:plain

 (川の船乗り場)一人往復1800円なり。ホテルのツアーでガイドさん付で行くと、8000円くらいするらしい。自分で行けるならその方がいいのかも。

f:id:otajoy:20150830211731j:plain

 船で、マングローブ林の中の川を渡っていきます。下流は汽水で塩分が濃いからマングローブが多く、上流は淡水になりシダなどの亜熱帯植物が多くなります。こういう風景、本土では見られないから新鮮。

f:id:otajoy:20150830212138j:plain

上流はこんな感じ。ここで船は終了。あとはジャングルの中を徒歩で移動です。道は結構細くて、険しいですよ。

f:id:otajoy:20150830212237j:plain

 ジャングルの中歩けるかな?、って心配した小1の娘。めっちゃ元気です。先頭をかけて行きます。

 一緒に船に乗っていた中に、一人で来ていたお兄さんがいて、その方が元ガイド経験ある方で、沖縄の植物や動物に詳しく、歩きながらいろいろ教えてくれました。娘、すっかりそのお兄さんになついてしまい、親より、そのお兄さんにくっついて歩く・・・親の立場は。。。おい、娘よ。

 ジャングルの中には、珍しい動物もいました。すべて、そのお兄さんに教えてもらう、我が家の人達。

f:id:otajoy:20150830212746j:plain

 しっぽの青い、石垣トカゲ。結構沢山いました。

f:id:otajoy:20150830212934j:plain

 木登り上手なキノボリトカゲ。このトカゲ、木に登っているところよく見かけました、しっぽが切れないらしく、娘は、しっぽをもたせてもらったり、嬉しそう。可愛いですよ。

f:id:otajoy:20150830213124j:plain

 木の幹から直接実がなってる、かわった木とかもありました。

 

 ガイド付きでもないのに、いろいろ教えてもらって、なんだか朝の件といい、ついてる我が家の人たちです。お兄さんありがとう。

 1時間弱ジャングルを歩くと、大きな滝に出会えました。

f:id:otajoy:20150830213307j:plain

 激しく流れる滝というか、川。ここがジャングル探検のゴールです。汗かいたから水がひんやりして気持ちよかった。しばし、水遊びに興じ、もと来た道をまた歩いて帰りました。 

 大自然に囲まれて、ジャングル探検楽しかったですよ。ツアーじゃなくてもこれます、一本道だし迷わないから大丈夫。

 

バスでホテルに戻って、お昼ご飯に出掛けました。

f:id:otajoy:20150830213726j:plain

 ホテルの近くにあった、『唐変木』というお店に行ってみました。地元の食材をふんだんに使ったお料理が味わえましたよ。

f:id:otajoy:20150830213845j:plain

 マングローブ林の中でとれる「ガザミ」というワタリガニのお料理「ガザミ汁」。これ、美味しいです。塩分が程よくきいて、カニの出汁が濃厚で。娘も気に入って飲んでいました。

 

 お腹がいっぱいになっても、まだ昼過ぎ。やっぱり、ビーチに行きたいよね~と、割と近い星砂のビーチを目指すことに。ホテルに戻り、レンタサイクルでも借りようと、ツアーデスクに再び出かけて聞いたところ、子供載せる椅子のついた自転車はまだ戻ってきてないとのこと。

 「うーん、困った、どうしようっ」て言っていたら、デスクの方が、「今無料で電気自動車体験2時間コースやってて、そちらの車を貸し出しましょうか」と言われました。ええ!タダで車が借りれるなんて。と、喜ぶ我が家の面々。いちいち、朝からついてるなあ。

 早速、水着に着替えて、車に飛び乗り、5分ほどの星砂のビーチへ。

f:id:otajoy:20150831211626j:plain

 名前の通り、星砂が沢山砂浜に交じってました。干潮で、とても浅く、隣の小さな岩場まで歩いて行けます。岩場の近くには、珊瑚も沢山あり、シュノーケリングしてみると、沢山の熱帯魚に出会えました。泳げないので浮き輪を離さない娘(上写真)。泳いで疲れたら、砂浜で珊瑚や、貝や、星砂を広い、また泳いだり。子供連れてはじめてシュノーケリングするのにはいい場所じゃないでしょうか、浅いから安心。

 西表島は結構広い(実は沖縄県で、沖縄本島の次に広いそうです)ので、あちこち行きたかったら、レンタカー借りるとよかったかなって思いました。次行くときは借りようっと。

 

 2時間たっぷり遊んで、ホテルに帰って、もういつ寝てもいいようにお風呂に入って服を着替えて、夕食に出発。この日は、フォロワーさんに聞いていたお勧めのレストランに出かけました(ホテル徒歩5分くらいで近いです)。

f:id:otajoy:20150831212357j:plain

 それが、こちらの「キッチンイナバ」さん。ホテルのガイドさんもお勧めしてました。混んでるので予約必須です。

f:id:otajoy:20150831212521j:plain f:id:otajoy:20150831212527j:plain

 こちらでも、ガザミ汁を。お昼のお店とは違い、具に大根なども入っていてこちらも美味しかったです。近海魚(ミーバイ)のフライも、尾頭付きで豪華。もちろん、この日もビールを飲む。ビールが進むw

 

 遊び疲れてホテルに戻り、夫と子供が寝た後、こっそりスパにマッサージを予約。普段運動しないのに、動き回って、体が痛くって。唯一の贅沢だ~。

 セラピストさんにオイルマッサージされて、あまりの気持ちよさに逝ってしまいましたよ、私。(⇒夢の世界にだよw)はあ、極楽なり。

 

 この日は、木曜日。

 日課になってる週刊モーニングを読む日だったのですが、離島には雑誌が売ってないのです(売ってても一週間遅れとか)。ロビーのフロントの人に頼んでWiFi立ち上げてもらい、D-モーニングをDLして読むことができました。遊びまわって疲れたのもあり、この日の読書はモーニングだけ。しかし、今週の「コウノドリ」の四宮先生の相変わらずのツンデレぶりに悶えた日となりました。

 そして、9月発売の10巻から3か月、毎月「コウノドリ」単行本が発売されると書いてありまして・・・・嬉しいと同時に、作者の先生体壊さないかなって心配になった夜でした。週刊連載忙しいうえに、ドラマ化、毎月単行本発売ってつらいんじゃ。私の代わりにマッサージでもしてほしいよ、先生っという気分に。漫画家さんも体が資本ですからね、こき使わないで、編集部さん。読者はゆっくりでも待ってますからね~。

 

 部屋に戻ったら、そのまま睡魔におそわれ、就寝。

 

まだ続く。。。