読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

2015夏休み~西表島旅行記 その3

  3日目の朝。ゆっくりな目覚め。この日は、ちゃんとツアーが予約できて、朝からホテル横の川で、『はじめてのカヤックチャレンジ』に挑戦。濡れるので水着着用。

f:id:otajoy:20150901164934j:plain

 マングローブ林に囲まれた川で、親子三人で一つのカヤックにのり、さっそうと漕ぎだし・・・って、簡単にはいかなかった!

 3人の呼吸が合わない、合わない。カヤックは右へ左へ蛇行し、全くまっすぐ進めませんでした。他にもたくさんの親子連れがいたのに、ビリの我が家。とほほ。

 何とか対岸について、後は親子でマングローブ林の探検に。干潮で、干潟ができており、、ここには、とにかくたくさんの小さなカニ(ミナミコメツキガニ)がいましたよ。ウジャウジャ・・・しかし、人が近づくと、一斉に土の中に潜ってしまうので、集団を見つけたら、ダッシュして、土に入りそうになるカニを両手で土ごとすくと大量に捕獲できます。

f:id:otajoy:20150901165707j:plain

 子供じゃなくて、私がガイドのお兄さんとダッシュして大量のカニゲット。ただし、食べられません。他にも、トビハゼが飛んでいたり、普通のハゼもいたり。獲物を狙う私は、ハゼも捕まえました。娘、「お母さんすごーい」と(夫はただ見てただけ)。スイマセン、基本、根がハンターなので、こういうの萌え、じゃなかった、燃えます!楽しかった~。取っただけで、最後は自然に返しましたよ、持ち帰ってはいけません。

 

 カヤック体験から帰り、お昼はホテルで八重山そばを。沖縄島のソーキそばは、肉が骨付き、八重山そばは、肉に骨が付いてない、ラフテー状のものが入ってるのと、少し麺が細いのが特徴のようです。

f:id:otajoy:20150901170257j:plain

 

 腹ごしらえ後、綺麗な海と聞いていた「イダの浜」に行くツアーに参加しました。ここへは、ツアーじゃないと行くのは大変そう。船で連れて行ってくれます。

f:id:otajoy:20150901170801j:plain

 遠浅で、白い砂浜が続くビーチ。ちょっと曇ってましたが、透明度も高くきれいな海でした。ここで、娘も初めてのシュノーケルに挑戦。浅くて、少し沖へ行くと珊瑚礁が広がっているので、泳げない小さい子供も綺麗な熱帯魚を沢山見ることができます。

 私は、子供と夫を浅瀬に残し、ガイドさんにくっついて沖の方へシュノーケリングを。ウミガメが見れることもあるらしいんですが、この日はいなくて。それでも、ゆったりと泳いで青い澄んだ海、綺麗な珊瑚礁、熱帯魚を堪能できました。

 大分沖まで出ていたらしく、浜辺に残っていた娘は「お母さん、点になっちゃった、もどってこれるだろうか」と心配していた様で、戻ると喜んでくれました。こういうところはまだまだ可愛いのう、娘。

f:id:otajoy:20150901203726j:plain     f:id:otajoy:20150901203751j:plain

 (海の中の様子。水中用の「写ルンです」で撮影してスキャナでスキャン。水中写真は揺れるし、難しい。雰囲気だけでも伝われば)

 

 ビーチは白い砂浜で、珊瑚のかけらも沢山落ちていたので、記念にこんなことをしてたり↓

f:id:otajoy:20150901210616j:plain

 二人でバカンスに来た証拠ですw。ツイッターにUPしたら、「さすが、ぶれないmiiさん」とフォロワーさんにコメントいただきました。南の島は、ロマンチック妄想の宝庫ですよ、ほんと。カップルで来るのもお勧めです。愛が深まるはず。

 

 この日の夕飯は、ホテルのレストランで「黒糖豚すき焼き」を堪能しました。

f:id:otajoy:20150901211109j:plain

 石垣牛と、アグー豚、島豆腐、そして島の野菜(島にんじん、青パパイヤ、ヘチマ、つるむらさき)の入ったすき焼きです。パパイヤや、へチマも出汁をすってやわらかくって、思った以上に美味しかったですよ。もちろん、泡盛も飲む←懲りないw。

 

 この日も遊び疲れて、早々に布団の中へ。それでも、「ちはやふる28巻」「監獄学園4~6巻」は読了。ちはやと太一どうなっちゃうんだろう、新押しだったけど、太一がいないとなんだか寂しいよ、かるた部。そんなことを思いつつ就寝。

 

 最終日。

 この日は朝ごはん食べる前に、『朝のジャングル探検』に出かけました。2日目の場所とは違うところです。本当にイノシシが通るような一本道を、ガイドのお兄さんに案内してもらい(この日の参加者我が家のみ)滝まで連れて行ってもらうコースです。道は険しいので、娘は始終お兄さんに手をつないでもらってエスコートされて、満足げ。優しい大人にすぐ懐く性質、長い保育園生活で身に着けまくっておりますよ、わが娘。

 15分くらい歩いて、早朝の滝に到着。滝の近くの岩の上で、滝を眺めながらパイナップルジュースを飲んで休憩しました。癒されるわ~

f:id:otajoy:20150901212200j:plain

 は~朝からマイナスイオンいっぱい浴びて満足です。小さいけど綺麗な滝。滝壺には魚も泳いでいたり。思わず、どぼんってしたくなっちゃう感じです。弁当もって遊びに来たいね。

 

 探検後は、ホテルに帰って朝食食べて、後は岐路につきました。石垣に戻り、ランチと、ショッピングを楽しんで、石垣空港へ。

 西表島は自然以外は何もない島。比べると、石垣島は市場や、手作りのアクセサリーショップや、美味しいレストラン、カフェなど沢山あって、すごく都会に見えました。コンビニもあるし(西表島にはコンビニはありません)。石垣島もまたゆっくり来たいなあ(3年前に一度滞在してます)。

 

 帰りの飛行機から見た、窓の外の海も綺麗だった。一面の青い海、青い空。

f:id:otajoy:20150901213025j:plain

 

 飛行機の中で、「俺物語6~8巻」「監獄学園7~11巻」を読了。

 「俺物語6巻」の猛男家の家族愛に涙が止まらなかった私。そして、砂川君の報われない猛男愛にも涙(猛男の事を悪くいう女子は嫌いという砂川君)。

 「監獄学園」の方は、腐女子みつ子ちゃんの描いてる関羽孔明三国志BLの続きが気になりまくり、こちらは笑わせてもらいました。男性向け漫画なのに、このBL展開は需要あるんでしょうかねえ。「監獄学園」はアニメ化されただけあって、とても面白くて、旅行中はまって読んでました。~おっぱい沢山出るけどw

 

 西表島、3泊4日じゃ足りないくらい満喫。読書も沢山出来て、充実した夏休みになりました。西表島サイコー!!また行きたい。

 

 帰った翌日は、、、地獄の夏休み宿題をやらせるミッションが残ってて、親子で泣きながらやり終えたことは、後でまた書こう。