読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ニットフレアースカート&「おそ松さん」感想

 あっという間に三連休も終わりですね。

 今日は、近場にお買い物に行ったり、近所の親子と遊んだりして、ほとんど家にいませんでしたが、その合間を縫って簡単なスカートを作成してみました。 縫いモチ上がっているうちに、だだーっと縫ってしまうタイプです、私。

 

 娘は、とにかくスカートが好きで、ズボンはほとんど履いてくれません。いまだに履いてくれるのはショートパンツ位。スカートはいくらあっても困らないので、時々作ってます。トップスに比べて簡単なので、これから娘の服作ってみたいってお母さんには、まずはスカートお勧めしますよ。同じ型紙でも布変えれば、いくらでも量産できますし。

 特に今日作ったのは簡単でした。スカート作りで面倒なギャザー寄せのない、いわゆるサーキュラースカートタイプのスカートです。

 

 本日の縫い縫い時間は、50分ほど。

 

 完成品はこちら↓

f:id:otajoy:20151012205626j:plain 

 広げると下の様になります。円形になっていて、ギャザー寄せなくてもふわっとしたスカートになっちゃいます。ロックミシンがあれば、ほんとあっという間。

 f:id:otajoy:20151012205646j:plain

 型紙:ニットフレアスカート 130サイズ 昨日に続きマホエアネラさん。

 布:オリジナルニット生地のお店 slowboat で、数年前に購入した、ジャガードニット(以前、カーディガン縫ったものの残りです)。

 

 今回の布が音符柄だったので、着画イメージは「ピアノの発表会風」です。6歳125センチで、この型紙では3種類の丈が作れるようになっている中から、ショート丈で作成しました。

f:id:otajoy:20151012210829j:plain f:id:otajoy:20151012210845j:plain

 (前と後ろ。上は既製品です)

 ショート丈で、ちょうど膝上位でいい感じです。ふわっとしてて可愛い。早速、娘もくるくる回って楽しんでましたよ。

 今日は、わりとまともな着画が取れた・・・と満足していたら、最後に「シェー!」をして、そのあと「ズコッ」とも。。。おい、こら、真面目にやらないか、君!

f:id:otajoy:20151012211128j:plain

  先週から始まった『おそ松さん』を娘と一緒に見てみまして、娘は冒頭の昭和のギャグのオンパレードに爆笑してました。

 以下、画像は公式サイトより。

f:id:otajoy:20151012212437j:plain

 冒頭の部分。昭和臭漂うおそ松さん。この時点で、娘は爆笑(昭和のギャグは、平成の小学生にもうけることが証明されました)。ああ、こういう感じか~っと、ほほえましく見ていたら、いきなり平成になり・・・

 

f:id:otajoy:20151012212658j:plain

  え?どうしてこうなった!!

 以前、私が「薄い本を作る時、みんな同じ顔なんだよ、どうすんだ!」って、言っていたのに、まさか公式自らが『擬人化ならぬ、美人化』してくれるとは、流石です。私が心配することじゃなかったわ。放送の前の記事↓

 おそ松さん放送日のツイッターは、驚いた腐界のお姉さまたちのツイートで埋め尽くされましたよ。そら、驚くよね、、、いきなりキャラビジュアル豹変して、他の人気アニメのパロディやりまくったら。そして、その元ネタがほとんどわかる自分にも驚いたよ、ほんと。

 6つ子の中で、自分の好きな〇〇松君を『推し松』と言うらしいと聞きまして、、、

 うーん、この中で選ぶとしたら、私の『推し松』は緑頭でメガネかけた『チョロ松』かな~。ツッコミキャラで、声優の神谷浩史さん叫びまくっていて(ツッコミどころ多すぎるよ、確かに)、賢いのに女の子に免疫ないとか、可愛すぎる。ビジュアルはじめてみた時、「黒子のバスケ」の緑間君・・・・って、思ったのは、きっと私だけではありますまい。

 1話目で驚かせてくれた「おそ松さん」、2話目以降もどうなるか楽しみですね。