ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

腐女医会してきました

 学会で都内に出たついでに、カリスマ腐女医ブロガーさーたり先生(腐女医が行く!! 〜外科医でママで、こっそりオタク〜)と、当ブログ開設初期から素敵なコメントをくださる腐ママの絢工さんと3人で、念願の腐女医会をしてきましたーー!!

 取りあえず、一言感想を言うと・・・

 めっちゃ、楽しかったーー(o^―^o)ニコ!!

 やってよかったよおおお((´;ω;`)

   (↑、BBAには珍しい顔文字を使うくらい嬉しかったってことお察しください)

 ということで、オフ会レポです。

 誰も興味ないかもしれませんが・・・・自分の書きたいことを書いて、あとで自分で読んで「フフフ・・・(笑)」ってなるのが好きなんです。

 

 まずは、オフ会会場をご紹介。

 某先生から、「ここに行くんですよー」とお話ししたら「そこはアキバレンジャーの聖地よ」と教えていただいた、カラオケパセラ秋葉原一号店(昭和口店)で会は開かれました。

f:id:otajoy:20151116211610j:image

 (この日のカラオケパセラ正面。雨だったからかさほど混んでなかった)

 

 さーたり先生は諸事情で遅れてこられるとの連絡あり。

 絢工さんと二人、お店のフロントに行くと・・・

 「期間限定 うしおととらルーム」の文字が目につきまして、店員のお姉さんに、すかさず

 「うしおととらルームって空いてます?」(この時点では違う部屋を予約してました)と聞くと、

 「なんと、空いてますよーーー」とのお返事が。

 

 早速お部屋を変更しちゃいました。

 

 部屋に通されるまで、絢工さんと「おそ松さん」の話題をしていたら、店員のお姉さんに「推し松誰ですか?」って聞かれ、そこで「おそ松さん」話に。同類のお姉さんでしたwお姉さんは「カラ松推しの、一カラ」と。

そうか、「カラオケパセラ秋葉原号店」だものね、仕事熱心だなあーー(って、きっとたまたまだよw)。このお姉さんにはたびたびお世話になりました(酔っ払いBBAが絡んでごめんなさい)

 

  そして、「うしおととら」ルームに入室~~。(借りた人はお部屋の写真を撮ってよいと許可いただいてます)

 「うしおととら」ファンには、よだれが止まらない素敵なお部屋でした。

f:id:otajoy:20151116211453j:image

 入って右手に、大きなパネル。よく見ると、藤田先生直筆のイラストやサインが。お店の人に聞くと、ご本人がフラッとお店に来て書いていかれたそうです。(このパネルにそっと身をゆだねてたよ、私・・・胸熱すぎる)

f:id:otajoy:20151116211519j:image f:id:otajoy:20151116211510j:image

 細かいところに小さなキャラクター達がいて、藤田先生自身までいらっしゃいました。

 f:id:otajoy:20151116211534j:image

 カラオケの画面の上にも、オリジナルのイラストパネル。とらちゃんがいう「黒いニンジン」って、マイクの事だよね。

f:id:otajoy:20151116211600j:image

 コミックス全巻揃えて展示してあって、コミックスの表紙のイラストが、反対側の壁一面に。そして天井には、今やってるアニメうしおととらのセル画。部屋のどこを見ても、うしとら。

f:id:otajoy:20151116211548j:image

 ん?ドアにぶら下がってるこれは・・・・・もちろんあれだよね。

 隅からすみまでこだわったお部屋でした。

 

 ま、、、、この部屋に来たら、当然・・・

f:id:otajoy:20151116215350j:image

 これは歌っておかなくちゃw。ちゃんとアニメのOPの映像でしたよー。

 

 部屋に入って、キャーキャー言いうこと、数十分。ようやくソファに腰を下ろした私は、学会帰りのスーツから、そそくさとお着替え。

f:id:otajoy:20151116215732p:plain

 やっぱり、くつろぐにはジャージが一番ですよねえ~。しかも、ハイキューの「烏野高校ジャージ」持って行きました。元バレー部ですから、私・・・いいよね?着ても(いい年して。。。ほんと何やってんだか。。。)

 高校生時代から「お前はジャージが一番似合う」って言われ続けてきたんですよ。それって、ほめ言葉ととらえていいのか、今でもよくわかりません。

 

 萌え話にお腹いっぱいで、ビールだけで酔ってきた私達。さーたり先生を待つ間、食べ物もそこそこに、超懐かしいアニソンを歌いながら、当時の思い出(というか、推しCPだの、推しキャラだのw)を話してました。

 「おそ松さんの歌を歌おう」って、絢工さんのチョイスしたのが、『おそ松くん音頭』。


 ええ、昭和の女ですので、27年前の細川たかしさんが歌ってる方歌うでしょ、やっぱりw。

「おそ松のズボンをカラ松がはいて~~~~♪」

なんだ、当時から結構腐ってるではないか、おそ松君←コラ。

 昔のアニメのED曲って「〇〇音頭」って言うのが多くなかったです?。有名なのはパタリロの「クックロビン音頭」。子供時代の当時、意味も分からず「だーれが殺したクックロビン♪」って口ずさんでたけど、あれってかなりシュールだよな。。。

 

 まあ、でもよく考えると、今もアニメのEDには「妖怪第一体操」だの、「プリキュアダンス」だの、踊りつきの曲が多いから、これは日本の伝統芸って言うことですかね。

 

 とと、脱線スイマセン。話を元に戻します。

 

 遅れること1時間とちょっと、ついにさーたり先生登場!!。英雄は遅れたころにやってくるのだ。

 アメーバブログにファンの多いさーたり先生。私、そろそろアメブロのさーたり先生FANの方から「あんた、ずるい~~~」って刺されるんではなかろうか。

 さーたり先生は、どっからどう見ても田舎のおばちゃんの私と違って、ちゃんと都会の外科女医の雰囲気でしたよー。イロモノ枠じゃなくて、ちゃんと素敵女医枠に入れてあげなくっちゃいけませんってアメブロさん。

 

 3人そろって、昨今のブログの話題や、トルーパーや幽遊白書のOPを懐かしいアニメの映像を見ながら歌い、昔から今までの萌え話をしてたらあっという間に時間が過ぎていっちゃいました。

 3人とも「サムライトルーパーのキャラソンをすべて知ってて歌える」っての、、、ある意味凄いんじゃないのって。産まれたときも、産まれた県も全然違う上に、初対面なのにさ。ネット上で袖振り合うも他生の縁ってやつか。

 3人と、お店のお姉さんの意見を統合して「おそ松さん」を 「左から右」に順に並べたり」。4人の意見で「カラ松は限りなく一番右」「トド松と十四松のどっちが一番左かは分かれるところ」位で決着がつきました←何の決着w。

 

 遅い時間になって、絢工さんと別れたあと、私とさーたり先生は、違うカラオケ店でお絵描き大会に突入。

 私の持っていたノートに、さーたり先生直筆のイラスト沢山描いてもらいました。すごくうまくて、早いんですよ、流石漫画家さん。これは、私の宝物の一つに即決定!!

 私はというと、酔っぱらって震える手でのんびりと下手絵をかいてしまい、スイマセンでしたあ。。(何描いたかあまり覚えてない・・汗)素面の時にまたちゃんと描きますので。

 

 終電ギリギリになり、さーたり先生とお別れ。

 

 ほんっとに、楽しいオフ会でした。

 付き合ってくださったお二方ありがとうございました。今後とも呆れず、よろしくお願いいたします。  mii