読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック

 2日後に、ドラマ「コウノドリ」の最終回を控えた今日、ドラマのオリジナル・サウンドトラックが発売されましたよ~。おめでとうございます!

 (Amazonさんで予約してた私は、発売一日前にフラゲしました)

 

TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック

 

   

 私がGETした証拠品↓ 

f:id:otajoy:20151216144009j:image

 

 この、曲紹介のジャケットの裏は、なんとベイビーの写真になっていまして、ひっくり返してCDケースに入れると、BABYのCDが出来上がりました。

f:id:otajoy:20151216144002j:image

 内容も豪華で、2枚組。

 1枚目は、ドラマの各シーンで流れた曲がすべて入ってました。『奇跡』という曲は、AYAさんのボーカルも!こういう歌だったのかあ~~。

 曲聞いているだけで、ああ、あのシーンで使われてた曲だなと、ドラマのワンシーンが思い出されて、少しホロリとします。

 「コウノドリ」ドラマのいいところは、綿密な取材に基づいて作られた脚本や、実力ある俳優さんの演技以外に、やはりこだわって作り上げられた曲にもあると思うんです。穏やかなサクラ先生が、唯一感情を表に出す「BABY」の場面。ドラマでは、出番が少なかったけれど、原作では要所・要所でベイビーの存在が、大きいな~って思う場面も多くって(ドラマではなかった、無痛分娩編、海外出産編、長期入院編のベイビーも素敵ですよ)。

 

 メインテーマの『Baby God Bless You』のいつくしむ感じの優しい曲調から、急に感情があらわになったような激しい曲調に変わるところとか、大好き。サントラの中には、ドラマのストーリーによって、少しづつアレンジされたバージョンが沢山入ってます。

 

 『Brightness』は、キラキラした明るい感じの曲で、ドラマの中でのハルカちゃんとベイビーがコラボして弾いてる場面がすぐに浮かびます。あの、ハルカちゃんの嬉しそうな顔に涙したのは、ハルカちゃんのご両親だけじゃないはず。あと、楽器店で小松さんの前で、にこにこしながら弾いてるサクラ先生も可愛かったなって。(楽譜を見たピアノ弾ける夫は、この曲難しいぞ、、とのこと)。

 

  2枚目は、ドラマの中でBABYが弾いてる曲すべて収録された、まさにピアニスト『BABY』単体のCD。

 

 『Sound Seeker』は、1話の冒頭でベイビーが立ちながら激しく演奏していた曲。立ったまま激しく演奏するベイビーと、曲が凄くあっててカッコイイよ~(最初は、ドラマベービーの銀髪の髪型慣れなかったけど、だんだん慣れてきちゃった)。

 

 四宮先生が、当直室でうなされて起きる場面で、サクラ先生が弾いていた『Over The Rainbow』や、イレーネ乳児院で弾いていた『Twinkle Twinkle Littel Star』も、すべて収録されていました。

 

 原作読んでた時には、BABYのピアノを頭の中で想像することができなかった音楽ベタな私。ドラマ化されたので一番大きいのは、BABYのピアノが直接聞けたことなんじゃないかな~なんて感じてます。

 原作の長期入院編でBABYが奏でていた「For Tomorrow」と言う曲・・・いつか、ドラマのBABYの演奏で聞いてみたいですね(だから、ドラマ2期を是非!。特別枠2時間ドラマとかでもいいので)

 

 

 サントラが発売される中、昨日、都内では「コウノドリ」のクリスマスライブが行われたようで(平日夜に都民じゃない私が行けるわけもなく・・・・・泣。しかも10倍の倍率の抽選)、今日のニュースになっていました。

 行かれた方が、超うらやましい~~~~~んですけどこのライブの映像は、どこかで配信されないのでしょうか??公式さん、お願いします!少しでいいから、ライブのおすそ分けを。

 

 で、上のニュースの記事を読みながら、いいな~清塚さんのピアノ聞きたかったなあって思っていたら、途中に挟まれた「原作者鈴ノ木先生と清塚さんのエピーソード」に、釘付けに(@_@)

 

 以下、記事を引用

 

また、鈴ノ木と原作でもドラマでも女性の影がちらつかないサクラについて、ゲイ疑惑が浮上し、相手は滝か?四宮か?で盛り上がったとのエピソードに、会場も爆笑。

 

 って、おいいいい~~!。原作者自ら「サクラ先生ゲイ疑惑」って。確かに、あんな可愛い後輩研修女医や、アラフォーのお色気満載の小松さんが近くにいるのに、四宮先生ばっかり気にしてチラチラ見てて、「四宮の事なら何でも理解している」って感じのたたずまいのサクラ先生。他の人は「〇〇先生、〇〇さん」なのに、同期とはいえ、四宮先生だけ「しのみや」だし。

 

 うん、原作、ドラマ見てる私達はわかっていたけどね、それを鈴ノ木先生と清塚さんがブッ込んでくるとは思ってなかったよお~~。これなら、原作でも、今後サクラ先生に女性の影はチラつかないかな。それとも、サクラ先生に近づく女性は、すべて四宮先生が、追い払ってたりして・・・w。

 

 ドラマ版の「滝」も、確かにあやしい。「ケンちゃん」「サクラさん」呼びで親しげで、幼馴染の設定だし(滝さんも、ケイコママの養護施設にいたのかな?)。サクラ先生を「サクラ」呼びするのは、ドラマでは滝マネージャーか、四宮先生だけだよ、うん。

 四宮先生が、サクラ先生が「ケンちゃん」って呼んでるのに嫉妬して、「俺の事は『ハルちゃん』って呼んで」って、言ってるところを、私、妄想しちゃてもいいかな?(はあ、美味しすぎませんか、滝さんの存在も)

 

 (そして、相手の「滝か四宮」の、どっちが最終的にサクラ先生の相手になったのか、凄く気になるんですけど・・・・・そこの話は?)

 

 ドラマ最終話まであと2日。

 サントラ聞きながら、どんなお話になるのか妄想しつつ、サクラとハルキの今後はどうなるのか考えつつ。楽しみに待ちたいと思います。