ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

マスクの季節延長中

 年末からの『インフルエンザ予防』、そして2月からは『花粉症予防』、一年のうち半分程度は、ほぼマスク主腐の私です、こんにちわ。

 あ~美人が台無し!!

 (あ、すいません、嘘つきました。マスクがある方が美人です)

 花粉症、つらいですね~~。現在こんな状態の私↓

f:id:otajoy:20160316143625p:plain

 幼少期からひどい花粉症の夫は、1月後半から抗アレルギー薬をがっつり飲み、花粉症対策に余念がないのですが、花粉ピーク時以外、さほどひどくない私は、鼻水等の症状がでだしてから薬を飲むというすぼらさ。というのも、どんなに弱めの眠くならないとうたわれる抗アレルギー剤(商品名:クラリチン、ザイザル等)でも、眠くなっちゃうんですよね。

 ただでさえ、年中寝不足状態で眠いのに(←これがいけないのは重々承知)、薬飲むと一発で寝落ち確実。娘が寝た後の主腐活動(ブログ書くこと含む)ができなくなっちゃうんです。

 

 先週から症状がひどくなり、連日薬を内服し、昼間仕事に支障が出ないように、夜がっつり寝てる日々。その上、仕事の方も連日外来に手術にと大忙しで、先週から今週にかけての私の体の状態は、

 

f:id:otajoy:20160316145246j:image

 黄色信号を通り越し、、、、

 

f:id:otajoy:20160316143128j:image

 (今プレイ中の刀剣乱舞より、画像抜粋。まだまだ低いレベルをうろついてます)

 赤信号がついておりました。誰か、私の背中にある疲労回復スイッチをぽちっと押してくれ~~~。疲れた、バタリ。刀剣さん達をこき使ったから、自分も同じ運命をたどってしまったのかね。

 

 刀剣乱舞は、『課金をしないぞ!』と、頑張ってはいるものの、傷ついた刀を治す手入れ部屋のベットが2床しかなくて、レベルアップのため出陣しまくっていると、重傷者だらけになり、その治療してるとなかなか進まない。そうか、保険診療内ではベットが限られるのか、人間社会と同じだな~(課金すればベットが4人床になる)。

 そして、治すのには資材も必要とな。戦いや、刀作りに資材を使い果たし、資材(=医療資源(薬、医療機器、人材)も足りない(課金すれば資材も買える)

 これから高齢化がますます進み、医療が必要な人が増えてくるのに、病床数も、医療機器も、医者も薬も足りず、お金のない医療過疎地域の事を、ゲームしながら考えちゃった私です。もはや、職業病・・・・。

  

 話は変わり、

 昨日は、娘が「今日は学童でこれを作った~~」

 f:id:otajoy:20160316143111j:image

 と、こんなものを持って帰ってきました。

 「何?チュッパチャップス?」と聞くと

 「刀を手入れする、打ち粉だよ~~~~」と、私の体を、これでポンポン。お母さん、これで元気になるんだよって。

 

 どこでそんなの事知ったの?と思ったら、な、なるほど、これの事か↓

f:id:otajoy:20160316143235j:image

 子供って、いろんなところ、よく見てるもんだなあと感心。小学一年生で刀を手入れするものが「打ち粉」って知ってるなんて、これも刀剣女児になったおかげだな。

 

 可愛いポンポンに、母の心も手入れされ、仕事に家事に出陣じゃー!!

 

  あ、でも、花粉の季節は早く過ぎてほしいです。とほほ。