読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

プチ名古屋旅行~刀剣を愛でる~

ひとりごと

 GW中、「刀剣乱舞」沼にはまってらっしゃる相互フォロワーさんと一緒に、名古屋の徳川美術館で展示中の刀剣を愛でる為、プチ日帰り旅行行ってきました。

 昼前に、名古屋駅周辺で待ち合わせだったのですが、前日の緊急手術の患者さんを診察してくると夫が仕事に出ていき、朝から行けるかどうかハラハラ。自分の患者さんの事もそうですが、夫婦とも医師だと、夫の患者さんの容体次第でお出かけの予定が狂うこともしょっちゅうです。

 幸い、夫が帰ってきてくれて、娘のお世話をバトンタッチして新幹線に飛び乗り、無事に名古屋駅に到着することができました。この時点で一仕事終えた気がして、結構ハアハアしてた私。

 

 せっかく名古屋に来たから食べてみようと、目を付けておいた「ひつまぶし」のお店の前でフォロワーさんの到着を待つことに。

 開店前だし、そんなに並んでないでしょ~と思って、お店に行ってみると(「予約」は休みの日は取れないとのこと)、すでに長蛇の列。

 「最後尾はここです!」って、カードまで。

 ん?ここは、イベントの時(コミケなど)のシャッター前の最大手サークルさんの前ではないよね?となんだか既視感が。

 

 先に並んで待ってると、フォロワーさん到着(このブログ経由で知り合いました)。すらっとした素敵なお姉さんでしたよ~。すぐに話も弾んで、プチオフ会楽しい。

 それでも、開店前から待ってたおかげで、開店30分後には席に着くことができました。

f:id:otajoy:20160507161102j:image

 食したひつまぶし。

 ウナギがパリッ、サクッと香ばしくて、大変お美味しゅうございました。ペロリっ。

 

 お腹が満たされた後、電車に乗って「徳川美術館へ」。

 名刀の特別展示中で、「刀剣乱舞」ゆかりの刀が沢山公開されてました。今回は、この4振り。徳川美術館大盤振る舞いじゃないですか、すごい。

f:id:otajoy:20160507162617j:plain f:id:otajoy:20160507162626j:plain f:id:otajoy:20160507162639j:plain f:id:otajoy:20160507162633p:plain

 ちなみに、審神者歴二か月の我が本丸。イベントでしか入手できない、レア刀の物吉君と後藤君の入手状況はというと、前回のイベント「大阪城」では後藤藤四郎君をゲットできず、まだ未入手。美術館に行く日の直前のイベント「戦力拡充」で物吉貞宗君はゲットできました。山姥切君は、彼じゃなくて彼の元になった刀(山姥切国広はその写しと言われている)が展示されてましたよ。

 後藤君~~!!、本物見たら我が本丸にいつか来てくれるのでしょうか。

 

 と、そんな私の叫びはさておき、早速美術館の中へ。

f:id:otajoy:20160507161134j:image

 徳川美術館へ入る門。

f:id:otajoy:20160507161205j:image

 美術館の入り口です。お~GWなのにあんまり人がいないなあと思って中に入ると、「刀剣鑑賞はこちら」と、刀剣を間近で見れる列は別になっていて行列。なんと1時間待ち。並んで周りを見ると、普通の刀剣鑑賞のおじさま、おばさまに交じって、若い女性も沢山。スマホでゲームしてたり、キャラクターの人形持ってたり、明らかに審神者の方も多数いらっしゃいました。

 順番が回ってきて、ドキドキしながら刀剣鑑賞にGO。

 

 中はもちろん撮影禁止(上のHPに刀の写真があるのでご参考に)だったので、私が各刀を見た感想を一言。

 

 物吉貞宗・・・ピカピカと綺麗で、刀身に模様もついていて可愛い。かの徳川家康本人が持っていたということにも歴史を感じて、ジーンとしちゃう。

 

 鯰尾藤四郎・・大阪城でいったん焼け落ちて再度作られたとか。すらっとしてて、ピン!!しゃきっとした印象。彼のキャラデザのぴんと跳ねた髪が連想できました。「記憶がなくたって、そんなの気にしませんよ」って、明るいキャラクターになるのもわかる。

 

 後藤藤四郎・・まっすぐ。他の刀に比べると地味な印象だけど、よく見るとひきつけられる。この魅力何なの~~。とりあえず、私の本丸にいますぐ来て!!←ソコww

 

 本作長義・・山姥切りの元の刀。ぴりりとした色気が漂ってる。山姥切り君「写し」なの気にしていつもうじうじしてないで、あなたも素敵だから自信持もって!と言いたくなるね。

 

 ほかにも数点の刀や、徳川家ゆかりの豪華な調度品、浮世絵などが展示されていて、時間がいくらあっても足りませんでした。館内には、兜と模造刀を持って自由に写真撮っていいコーナーがあって、館の職員の方に刀の付け方、持ち方などを教わり、コスプレ写真のごとく写真撮らせてもらいました。いいなあ、刀ってカッコイイ、これは、コスしたくなるわw(←いい年なんだから、よしなさい)。

 

 最後に、おみやげコーナーでこれを購入。

f:id:otajoy:20160507161335j:image

  刀を見に行くといったら、

娘に「お母さんズルい~~~!!」と怒られたので、機嫌なおしにお土産をっと。

 

 

 徳川美術館を堪能したのちは、もう一カ所の目的地、熱田神宮へ移動しました。

 ここの宝物館は、刀剣乱舞のキャラクターのモデルになった、この兄弟二振りを所有しているそうですが、常時展示してあるのは太郎太刀だけとのこと。

f:id:otajoy:20160507205224j:plain  f:id:otajoy:20160507205232j:plain

 

 宝物館に入るとすぐに、どーんと太郎さんが出迎えてくれました(これ見るのは無料です。太っ腹だよ、宝物館!)。写真撮影も自由。

 

 これが、太郎さん。

f:id:otajoy:20160507161234j:image

 とにかくおっきい!2メートル以上ある。でも綺麗・・・うっとりです。人間が持てるのかな?って大きさ。実際使ってたっていう、合戦の絵と説明文もありましたが、信じられない。刀の背の部分が朱色で、神々しさも感じました。

 太郎太刀以外にも、有料の館内には名刀が沢山展示されていて「もしかして、今後この刀のどれかが実装されるのかもしれない」と思いながら見比べるの楽しかったです。

 日本の刀は美しい!!

 と魅了され、すっかり刀剣主腐の私。沼に一歩足を踏み入れた気分。

 

 刀を見た後は、もちろん「一杯飲んでからね♪」(BY次郎太刀)と、刀を見て和の気分だったこともあり、和食屋さんへ。

 この日は暑かったから、歩き疲れた(しゃべり疲れた)後のビールが喉に染みる、染みる~。

f:id:otajoy:20160507161303j:image f:id:otajoy:20160507161315j:image

 お刺身に、のど黒の煮つけ。

 そして、フォロワーさんとのヲタク話を酒のサカナに盛り上がる夜。お付き合いありがとうございました。

 

 名古屋は、他にも名古屋城に刀剣が展示されてたり、男前ぞろいの武将隊がいたり、もう一日あったら見て回りたいところが沢山あり、審神者得な都市ですね。また機会あったらきてみよう。

 

 翌日は、娘とその友達と一緒に一日公園にて花粉症が悪化し、連休中日の月曜日の超混雑外来で喉をやられ、その後、副鼻腔炎を発症し連休後半寝込むことになるとは、この時の私は思いもせず、楽しい一日でしたとさ。