ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

特別養護老腐人ホーム妄想

 GWもいつの間にか終わり、「病院始まるの待ってました!」と言わんばかりの外来患者さんの波にのまれ、家に帰るとへとへとで何もできず、夜は娘の寝かしつけで寝落ちしてしまい、全く「腐活」ができていない私ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 そんな今朝、「腐女医」界の一大ニュースが耳に飛び込んできました(どこに「腐女医界」があるって?いや、自分の中でね、、、もごもご)。

 

 腐女医のさーたり先生が、ついに書籍を出版されるとのことですよ~すごいっ!

腐女医の医者道!

腐女医の医者道!

 

Amazonで「腐女医」と入力して、本がヒットする時代が来るなんて。。

 もちろん、保存用と読書用に二冊ポチっと予約。できれば、サイン会開きましょう~。本をもって持参しますから、私。是非是非。

 

 これは、腐女医 が市民権を得たって思っていいの?大声で「腐女医」ですって名乗っていいんだね。と、朝から感動しておりました。発売日が今から楽しみ♪

 

 このブログを書き始めて1年以上、何度か腐女医の方や、医療系お仕事腐女子の方から声をかけていただくことがありました。メールやコメント欄で「私も腐女子です」とか書いて送ってくださったり、ツイッター相互フォローしてくださったり。

 外科医も、産婦人科医も、内科医も、整形外科医も、歯科医師もいて、看護師さんや、医療機器メーカーさん、電カルのオペレーターさんまで。

 

 で、私はふと思いつきまして。こんだけいたら、医療施設できるんじゃない?って。

 

 この年になると、もう介護について考えちゃうわけです。アラフォーでも腐ったままだから、こりゃ死ぬまで腐ったままだろうと。それだったら、老後は趣味を同じくしている方たちと楽しく過ごしたいなあって。

 

 そんな私の妄想

 入居者女子限定 『特別養護老人ホーム』

  なんていかがでしょう?これだけ独身者も多いし、子供も当てにならないし、夫には先立たれるし、ひとりで寂しく暮らすくらいなら、みんなで助け合って楽しく暮らそうよ、というのがコンセプトです。

 

 施設長:女医

 スタッ「腐」知識を一定以上有した、看護師、介護師、薬剤師、医療事務、理学療法士、管理栄養士etc

 

 施設内には、入居者が持ち寄った歴史ある「薄い本」の図書館。そして、漫画、小説、アニメやドラマのDVDが見放題の休憩室。

 入居者の部屋には推しCPのポスター、フィギュア置き放題。WiFiとパソコン完備。絵を描く人には、液タブ、コピック貸出可。印刷するのにプリンター完備。

 

 スタッ腐は、週に一度カン腐ァレンスを開き、「入居者のCP傾向、好きな作品、地雷など」の介護方針(!?)の話し合い。院内BGMで流すアニソンの選定、今週施設で流すアニメのDVDの選定を検討。

 「〇号室の昭和産まれの老腐人Mさんが、トルー〇ー見たいって言ってますが、平成生まれのAさんに理解できるでしょうか?」等々。

 

 回診時、腐女医は、現在の萌え状態を診察。萌えすぎて血圧が上がり命が危なそうな時は、降腐薬をだしたり(萎えさせるものを見せる)、萌えが足りず元気がないときは燃料を投下したり。注射や手術などの処置が必要な時は、リラックスしていただけるよう好きなアニソンBGMにして処置。

 (ただし、回診時、腐女医の推しキャラが入居者さんの推しと被ってると、診察時間が非常に長くなるという・・・)

  訪問イベントでは戦隊ヒーローショーをやってもらい、デイサービスでアニソンのカラオケ大会を催す。時には、ヲタクの血を受け継いだ孫を呼んでコスプレ大会。

 

 認知症が進んで、一日中推しキャラの名前を叫ばれても気にしないスタッ腐。それどころか、推しキャラになりきって対応。

 推しCPが尊すぎると泣いていても、一緒に気持ちを理解して寄り添う「ウンウン、あの二人は結婚してる、違いないよ」と。

 

 本人の誕生日以上に、推しキャラの誕生日も盛大にキャラケーキでお祝い。

「入居者〇〇さんの好きな、〇〇生誕祭!」と題して。

 

 時に解釈違いでケンカする入居者対策の部屋替えや、ジャンル替えによる部屋替えにも対応。

 危篤状態になったら、最後にどのキャラに見送ってもらいたいか、生前にリビングウィルを提出。スタッ腐はそれにもとずき、息を引き取るまでそのキャラのアニメDVDをベットサイドで流す。好きなキャラソンBGMでも可。

 

 って、こんな老腐人ホームどうでしょ?私、施設長になってもいいよ、というかむしろ入居したい。

 

 こんな妄想するのも、毎日ヲタク活動する時間が足りなくて「早く仕事が定年になって、思う存分自分の時間使ってヲタク活動したいな~」って思ってるからかもしれません。