ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ファインディング・ドリー

 連休中日の今日、昨日公開になった「ファインディング・ドリー」を娘と二人で見に行ってきました。

f:id:otajoy:20160717180209j:plain

 

 予告編はこちら↓


「ファインディング・ドリー」日本語吹替版予告編

 

 前作の『ファインディング・ニモ』の1年後のお話で、今回はナンヨウハギのドリーが主人公。忘れっぽいドリーが、ふとしたきっかけで家族のことを思い出し、ニモやマーリンとともに両親を探す旅に出るというストーリーです。

 

 もともと、ニモが大好きで、公開当時(なんと2003年なので13年前)は映画館で1人で見て、円盤も買って保管してました。その続編を今度は娘と一緒に見られるなんて、それだけでもなんだか感慨深かったです。

  13年前といえば、まだ医師としてもペーペーで、ほぼ病院に缶詰めになってた頃。愛だの恋だのとは縁遠く、自分はこのまま仕事に追われて、家庭も持たず独身のまま一生終わるんだろうな~って考えてたので、13年後に続編を娘とみてる自分なんて、微塵も予想してなかったんです。人生何が起こるかわからないとはこういうことかと。

 前作もそうですが、今回も根底にあるテーマは『家族愛』『友情』だと思ってまして。家族を持って、娘と一緒に見る、それだけでちょとウルっときてしまった、私。(映画の間中、娘はポップコーンを自分で一つ食べると、一つ私の口の中にいれるのを繰り返してました。自分だけ食べるんじゃなくて、ちゃんと相手にも分けてくれる優しい娘です←親バカw)

 

 以下、ネタバレあるので注意!

 

 ドリーが両親の事を探すのを手伝うニモとマーリン。あんまり難しいことは言いたくないけれど、ドリーのすぐ前の事を忘れちゃうのって、病名を付けるとしたら「記銘力障害」ということになるかと。認知症のお年寄り等に見られる症状ですね。すぐ忘れるから、どうしても周りが何度も同じこと説明しなくちゃいけなくて、メンドクサイ奴って思われがちで。一番つらいのは覚えてられない本人なのに。ただ、忘れっぽいがゆえに、危険を顧みずその場その場で思いついたことを実行してしまうのがドリーのいいところ。それをニモとマーリンはちゃんと理解してて、いつもは慎重派のマーリンも、とっさの時には「ドリーだったら」と、無茶なことにも挑戦して研究所に連れ去られたドリーを探しに行く。

 何事にも一生懸命で前向きなドリーだからこそ、周りのみんなが支えてあげたくなちゃうんだろうなと、見てて感じました。新しいメンバーも、可愛く個性的でよかったな~。タコのハンク、ジンベイザメのディスティニーに、シロイルカのベイリー。アシカに、ラッコと、豪華。ハンクなんて、最初悪っぽいのに、最後はドリーのいい相棒になるところとか、ズートピアのニックを思い出したよ。

 

 ストーリーは「ニモ」に似てるから、一作目を見たときのような新鮮味にはちょっとかけるかな。。。みたいな気はしたものの、単純明快なのがディズニーだと思うとそこまで気になりませんでした。

 もちろん、映像美も文句なし。海の中の世界がリアルに、まるで自分がダイビングで海の中を見てるような気持ち。一時期ダイビングにハマり、水族館よりも直にのびのび泳ぐ魚たちが見れるのが好きでしたので(最近は、ペーパーダイバー歴長すぎて、もっぱらシュノーケリングです)。

 

 トラックで他の施設に運ばれそうになったドリーとハンクの最後の脱出劇のラストの演出がかっこよかったですね~往年の名曲にのせてスローモーションで魅せるの素敵で。ほぼ満員の映画館のお客さんみんなが、「わ~~~」って感嘆の声をあげてました。娘もこのシーンには大興奮。

 最後はみんながハッピーになるから、ディズニーは安心してみていられますね。

 

 声優さんについては、ノーコメント。室井さん、木梨さんと前作からのメンバーなので違和感はありませんでした(うまいかどうかは置いておきます。あと、歌手の〇〇さんも実名で出演されてましたよ)。

 

 長い長いエンドロールが終わり、最後のお楽しみ。ディズニーはこれがあるから、エンドロール始まった途端席を立つのは勿体ないです。

 今回は、ニモに出てきたあのキャラたちが最後に!凄く豪華だから、最後まで見てほしいですね。

 

 来年春、ニモの新しいアトラクションがディズニーシーにできるそうで。人が多いし、お値段高いし、疲れるから、ここ数年いってなかったディズニーにもちょっと行きたくなってきましたよ(私、産まれてから30年以上行ったことなかったディズニーを初体験したのが、娘が2歳の時に行ったディズニーでした)。

 

 夏休み、子供と安心して見れる映画として、『ファインディング・ドリー』お勧めです!!