ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ブログ2周年

  メールフォルダに、はてなブログさんから「2周年だよー」というメッセージがきて、今日がブログ開設2周年なのを知りました。

f:id:otajoy:20170119161543j:image

 

 えっ、まだ2周年?、いや、もう2周年か・・・。相変わらず思いついたことを思いついたままに書いてるブログに、付き合ってくれる希少な読者さん、ほんとにありがとうございます。

 次の1年も、特別に注目されないよう、ひっそりと(そもそも炎上したこともない)、泣かず飛ばずで、スローペースで「このはてなブログの片隅に」、そっといるだけの高齢ヲタク(兼、ブロガー)として、ブログ運営を続けていきたいと思います。

 

 しかし、最近子育てもそこそこ落ち着いて、ブログに書くことが減り、主にツイッターでわいわい、萌え萌えしている私。ますます更新頻度が落ちそうな予感がします。

 自分の主戦場である、子育て医療の時事問題に絡んでいくのは勇気がいりますしね。この二つは、ネット上で書き方を一歩間違えると、すぐ炎上する案件です。医師の立場で発言するのは尚更慎重にならざるを得ません。

 「医師」というだけで、あいつら偉そう、何かあったら叩こうぜ、インテリなんだろ、世間知らず、みたいなレッテルを貼られて、ブログを攻撃されることもありますし、そういうコメントが書かれる医師のブログを過去から現在まで沢山みてきました。

 私が「医師」という立場を公開したうえでブログを書くのは、医師といえど、聖人君主でもなく普通の人間であり、特に人間的に立派でもなく、「医療」という仕事をしてるだけのただの人間で、私はさらに、いい年になってもアニメや漫画が好きなヲタクだし、立派なかーちゃんでもなければ、家に帰ると「どうやって家事を手抜きして、自分のヲタタイムを確保するか」を考えているダメママだったりするんだよ。と、伝えたいのかもしれません。

 目の前に患者さんがこられたら、自分の持ってる知識や技術でできうる限りの事はしたい、治してあげたい。ただ、そう思って日々仕事はまじめにしています。

 

 仕事、家事、育児がすべてオンの私。

 趣味のヲタ活動に明けくれるアラフォー腐女子がオフの私。

 このブログに書くのは、ほぼオフの私。

 

  こんな私ですが、これからの一年も、どうか生暖かく見守ってくださいませ。