ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

東京マラソン2017

  今週末、こんなところにいました↓。

f:id:otajoy:20170227193057j:image

 もちろん、同人誌即売会に行った・・・・訳じゃなくて、普段のネット上での呟きがfacebook 0.1対Twitter 9.9」のヲタ充な私ではなく、facebook 9対Twitter 1」のリア充マラソン大好き夫が、東京マラソンを走るというので、その応援のために東京遠征していました。

 (証拠写真↓)

f:id:otajoy:20170227190836j:image 

 前日の選手受付が、東京ビックサイトだったのです。ビックサイトが初の夫に「都内で一番知ってる場所だから案内は任せて!」といい、慣れた場所をササッと案内した私。ヲタクな妻もこういう時は役に経ちます。

 日本最大のマラソン大会である東京マラソン。EXPOでは、マラソングッズや自治体の企業展示で賑わっていました。栄養補給食品の試食に余念のない娘と、グッズの物色に目を輝かせる夫に、完全な付き添いの私(コミケ時のテンションなし)。

 東京マラソン限定のテディベアが可愛くて、「今なら、パパの財布ゆるんでるから、コレおねだりしたらきっと買ってもらえるよ」と娘に耳打ちし、案の定ニコニコと買ってくれる夫(←完全に浮かれている状態なのを、私は察知)。

f:id:otajoy:20170227190638j:image

(ホテルのベットで早速娘と一緒に寝てくれましたよ)。

 受付から軽い夕飯を食べ、明日の準備するわ~という夫はホテルに、私と娘は、せっかく東京に来たのだからと、食後の散歩がてら東京マラソン用にライトアップされた東京タワーを見に行きました。

 f:id:otajoy:20170227190750j:image  f:id:otajoy:20170227211931j:image

 近くまで行くとさすがの迫力。娘もでかーい!と興奮。スマホのカメラでの夜景撮影はこれが限界です(実物はもっとキレイ)。

 ホテルに戻って、もう寝るという夫と娘と別れ、せっかく東京に来たのに早寝なんてもったいない!、飲みたいぞーと、夜の街に出かけ、誘いに乗ってくれたフォロワーさんとビールバーに(大人しくしてない妻とは私の事です)。

f:id:otajoy:20170227190625j:image

 薄暗いビールバーのカウンターでフォロワーさんを待つ間もビールを飲む。ここのビールとおつまみがどれも美味しくて、フォロワーさんとの話も弾み、気が付いたら日付変わる前。どうも、ちょっと飲みすぎたみたいで、翌日記憶が曖昧になり、完全な二日酔いに。あとでフォロワーさんに迷惑かけてないか聞いたところ「ヲタトークと、メガネ男子(バーの相手してくれた店員のお兄さんが「ユーリ!!!」の勇利のコスが似合いそうなメガネ男子で)の話しかしてなかったよ」と聞いて、ああ、いつもの私だった・・ということでホッとしたのでした。飲みすぎ注意ですなー。

 

 東京マラソン当日の朝は、快晴!

 早起きしてスタート地点に出掛けた夫を見送り、二日酔いの頭を抱え、娘と支度して朝からスカイツリーを見に行った・・・のはついでで、ソラマチにあるムーミンカフェで朝ごはん。

f:id:otajoy:20170227190604j:image 

 スカイツリーも間近でみると、でかい。

 

 f:id:otajoy:20170227190536j:image  f:id:otajoy:20170227190548j:image

 ソラマチムーミンカフェは初体験です。ラクーアのムーカフェと違うのは個室もある事。娘と私の座る席には、ムーミンママ、ニョロニョロ、ミイの大きなぬいぐるみが囲んでくれました。は~朝から可愛いムーミンの仲間に癒される~。が、私は二日酔いで胃が食べ物を受け付けず、娘のみモーニングのムーミンワッフルを注文。それを見て胸を一杯にしておきました(この時は、しばらく飲酒は控えようと後悔しましたよ)。

 

 マラソンスタート少し前に、浅草に到着。雷門と浅草寺を観光しつつ、応援場所探し。

 f:id:otajoy:20170227190513j:image

  この雷門の前がマラソンコースになってて、夫とこの辺で応援しているからと申し合わせてました。

 f:id:otajoy:20170227190458j:image

 ここは人気の応援場所らしく、凄い人。人だらけ。

 これ持ってるから、見つけてね~と夫の応援用うちわをもって待機です。f:id:otajoy:20170227211810j:image f:id:otajoy:20170227211828j:image

(以前、刀剣乱舞のミュージカルの時に作った経験と資材がこんな所に流用できるとは)

 雷門はスタートから15キロ地点。先頭集団の軽やかな走りに感動したり、かなり早く通過したのに疲れてるそぶりは微塵も感じさせないで、沿道の人に笑顔を振りまく、猫ひろしさんを見つけたり、華麗なコスプレで走る人をみて「娘と、あ~あれはピカチューだ、あ、ピコ太郎!セーラームーンや、弱虫ペダルのユニフォームの人もいる」とか話しながら楽しく観戦してました。 

 「パパなかなか来ないね~」と待っていたら、後半の集団は15キロ地点では、まだばらけずに、大勢の人が一気に走ってきて、どこに夫がいるのか全然わからず。特に目立つ特徴もない、モブおじさん夫が見分けられるはずもなく、夫は夫で応援する人が多くてこちらに気が付かず、気が付いたら通過していたという事態に。

 仕方なく、その場を離れ、フォロワーの同ジャンルヲタママ友さんと子連れランチの約束をしてた、日比谷公園付近で待ち合わしてる時に、ようやく走る夫を発見。30キロと40キロ地点の日比谷公園前は、ランナーも大分ばらけていて見つけやすかったですよ。夫は「なんでこんな所に?」ってビックリしたみたいだけど、こちらの声援にも気が付いて笑顔で手を振ってくれました(この後、ペースアップして足が攣ったと、夫談)。

 一応、パパの応援ができて満足した娘。夫が走り終わるのを待つ間、ホテルでママ友親子とランチを楽しんできました。ママ友さんの3歳と1歳の男の子がまた可愛くて。久しぶりに幼子を抱っこして歩けて幸せだったな。娘は息子ちゃんと遊んだり、移動の時はベビーカーを押してくれて、東京の人通りが多い道をベビーカー押して歩くのは大変だということを実感したみたいです(人通りが少ないところに住む私は、都内で子育てするママさん尊敬しましたよ、こりゃ大変だと)。娘、「ママ、子育てって二人いると大変だねえ」と。「そうだよー、あなた一人でも大変だったのよ~」と。もうすぐ仕事復帰するママ友さんを私は絶賛応援中です。

  無事ゴールして着替えてへロヘロになってる夫と東京駅で合流して、帰宅の途につきました。楽しかったけど、飲みすぎ、都内歩きすぎで私もヘロヘロに(半分、自業自得)。唯一元気な娘だけがキャッキャしてました。その若さちょっと分けて~~。

 

 夫は「楽しかった~、また来年も応募するぞ!」と意気込んでいたので、私は私で「来年は娘と一緒にどこ観光して、誰と遊ぼう~」と。マラソンでお祭り状態の東京を歩くのも楽しかったし、また来年受かりますように。