ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

新居生活はこんな感じ

 マイホームに引っ越して2週間以上がたち、生活もようやく落ち着いてきました。

 今日は、新居での新生活について少し書きたいと思います。

 住宅設備等、これから建てる方の参考になれば幸い。

 

 朝起きて、シャッターをあげて、ダイニングで朝ごはんを食べながら見上げる吹き抜けの空が、私は結構お気に入りです。その日の天気もまるわかり。リビングとダイニング、どっちに吹き抜けを付けるかといわれたら、私は断然ダイニング派かな。朝ごはんを食べるダイニングが明るいのって、「朝がきた!」って感じで好きです。

f:id:otajoy:20170517160309j:image

 殆どの窓と、吹き抜けにもついてるシャッター。リビング、ダイニングの大きな窓のシャッターはすべて電動にしました(ボタン一つでその部屋の窓全部のシャッターがあがります)。 いちいち手で持ち上げなくてもいいので、シャッターつけられるなら、電動をお勧めしますよ。なんといっても楽。

 

 最近の高気密高断熱住宅の凄さも早速実感しています。今は冷暖房何もつけてないのに、家の中は朝晩の気温の差が2度くらいしかありません。外の温度が最低15度~最高25度とかの日も、家の中は23~25度を保ってくれるんですよ。朝起きても寒くないなんて・・・信じられません(極度の寒がりの私にとっては最高の環境)。

 

 床暖房をつけているので、床材として人気の無垢材は基本使えないと思っていたら、無垢の素材で床暖房にも対応してる床材を紹介され、一階のフローリングは全てそれにしてみました。はだしで歩いてもひんやりしなくて、木の上を歩いてる感じがして、これが気持ちいんです。


 ↑こちらの会社の商品です。ナチュラルな無垢床にしたいけど、床暖房も欲しい・・っていう方、いかがでしょうか(耐久性なんかはまだ住み始めたばかりでわかりません)。

 

 旧居はカウンタータイプだったキッチンから、新居は対面にカウンターもあるフラットなアイランドキッチンになりました。更に、ガス→IHに。

 広くなったキッチンはやっぱりいい!!!

 新居に移ってから、夕飯作りを娘が積極的に手伝ってくれるようになりました。娘がキッチンでウロウロしても邪魔になりません。IHは炎がないので、鍋の周りも熱すぎず、毎晩の味噌汁の味噌をとくのを自然とやるようになりました。火加減も1~9段階だから、子供に「弱火にして」とか曖昧な指示じゃなくて、「火加減3くらいで」とかの具体的な指示もできます。楽しそうにやってますよー。

f:id:otajoy:20170517160216j:image

 平日の夫の帰りは遅いため、二人で食べる夕ご飯はキッチンのカウンターに二人で座って食べてます。片付けも楽ちんだし、食べるのが遅い娘の前で、キッチンのあと片付けしながら会話もできます。一番大きなサイズにした食洗器で、まな板まで洗ってもらってますよ。深型食洗器最高!

 朝ごはんも、夫と二人で同時作業。一人が目玉焼き作る横で、もう一人がコーヒーいれたりしています。

 キッチンの水栓は、タッチレスタイプにしてみました。光センサーに手をかざせば水が出てきます。ハンバーグこねたりして汚れた手で蛇口を触らなくても水が出ていいってことらしい・・・

f:id:otajoy:20170517160453j:image

 使ってみて、なんかこれ、どこかで・・・・やったこと・・ある・・・・と。

 あっ、オペ室だ、これ!!!!

 

 初めて使ったとき、手術室の手洗い場を思い出しました。手術室では、綺麗に洗った手が何かに触らないよう、すべてタッチレス水栓なんです。便利は便利なんですが、使わない時も手が前を横切るとセンサーが反応して水が出たりするので、しょっちゅうハンバーグこねるわけじゃなし(いや、年一回もこねない)なくても困らないかなというのが、正直な感想です。そうそう、浄水と水栓を分けたのは大正解でした。

 

 設備としては、太陽光発電もつけてます。自分の家で使って、余った電気を売るタイプ。4月~5月の一か月で売電価格が4万ちょっと。買った電気代より大幅黒字です。真夏のように暑すぎると、効率が落ちるそうで、5月くらいの季節が一番発電量が多いとの事です。もちろん、設備投資がかかってるので、元が取れるのは数年先でしょうが、これから電気代ももっと高くなるかもしれないことを考えたら、予算に余裕があればつけておいてもいいかもしれません~。

 庶民的な考えで、毎月ちょっとづつ出て行ってた電気代がなくなり、ちょこちょこ毎月入ってくるお金(=小銭的なw)って言うのがなんだか嬉しかったりします。

 

 新居の設備について、つらつら書いてみましたが、一番よかったのは夫が変わったこと。

 今まで庭仕事なんてやったことない夫が、毎朝ホースで庭木に水を撒いていたり、少し汚れると「汚れが気になる!」と言って、床をふきだしたり。

 「自分で建てた家」というのは、男性にとって「大切にしなくちゃいけない存在」って事なんでしょうか。これが一番うれしいことですね。

 

 せっかく建てた家だから、なるべく綺麗に使おうということで、週末のお掃除もルールを変えました。

 土曜日か日曜日どっちか、週末家族三人が揃ったらお掃除スタート。

 各自の部屋は各自で行い、それが終わったら残りを三人でやることに。

 

 もともとあった3台の掃除機に、一台コードありの掃除機を追加しました。

 先週末、早速やってみたら、掃除があっという間。3人が掃除機持って掃除機かけると、ひとりでやるのの3倍速い。3人でやるから、「自分ばっかりしてる・・」って不満もたまらないし、家族が力を合わせてやる一体感があってよいのです。

 

 平日は、ルンバ君&クイックルワイパーにお世話になってますよー。

 (私が思うに、各自の部屋に一個づつマキタのコードレスクリーナ―置いて、汚れたらちょい掃除するのが一番効率がいい気がしている)

  

 いつまで今のそこそこ綺麗な状態が保てるか、とりあえず頑張ってみます。

 

 以上、現場から、今1番欲しいものが高圧洗浄機miiがお送りしました。