ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

2017年夏休み in 小浜島(後編)

 3日目は、干潮時のみ姿を現すという「幻の島」ツアーというのに参加してきました。ガイドさんに聞くと「実は、満潮時でも少しは顔出してます」って事らしいですが、そこは、ほぼ隠れてるってことで(アバウトに)。

 お盆の時期は、午前中のみ行けるとの事で、ツアー申し込むのは早い方が良さそうです(2日目に行こうと思ったら満席でした)。

  小浜島の港からボートで15分ほどで到着~。

f:id:otajoy:20170820141342j:plain

 三日月の形をした砂浜だけの島で、周囲は小さな岩山に囲まれています。海が透き通って透明でとても綺麗でしたよ。

 三日月の外側に沢山のツアーの船が止めてあり、私たちはガイドさんに連れられて、三日月の内側の湾内で海水浴したり、シュノーケリングしたりして遊びました。この湾内、水深も膝丈くらいしかなく波もないので、小さな子供さんも大丈夫です(ただ、下はところどころサンゴがごつごつしてて、マリンシューズあるとよいです)。

 

 海の中はカラフルなお魚さんでいっぱい。

f:id:otajoy:20170820095550g:plain

 子供も大興奮の、クマノミにも2種類出会えました。

 ヒトデが転がっていたので、持って「お星さま~」としてみたり。

f:id:otajoy:20170820095247g:plain

 娘にも「持ってみたら?」といったら、頑なに「いやだ!」と言われてしまい。え、可愛いのに~。

 浅瀬で砂浜に娘と寝そべってみたり、滞在時間は1時間ちょとで気が付いたら帰る時間、ホントあっという間でした。もっといたかったなあ。

 

 昼前に帰って、遊び足りないとホテルのプールで遊んで、そのまま水着で食べれるビーチの横のカフェでランチして、さらにホテルのビーチで泳いだり、パラソルの下でごろ寝したり、まったり。午後からはゆっくりと時間が過ぎていきました。

 ホテルのプールの横のバーでは、飲み物とおやつが無料。娘はこの「雪塩ちんすこう」が気に入り、何個も食べてましたよ。

f:id:otajoy:20170822145815j:image

 

 夕食後、ヒトデじゃなくて本物の星を見ようと、暗くなるのを待って、ボートで星を観察するという「スターライトクルーズ」に参加しました。

 

 船に乗って、ビールを貰い、沖へ。観測場所に着くと船を止め、参加者全員が船に寝転んで、船の明かりを消し、夜空を見上げました。周りになんにもないのと、この日は雲もなく、月も出てなかったので、凄く、すご~~~~~~~~く綺麗に星が見えました。天然のプラネタリウムか!ってくらい。ガイドの方がレーザーポインターを使って星座をいろいろ教えてくれる中、星座好きの娘は「それは、〇〇!!」って、ガイドの方の説明前に答えちゃってました(家に星座関連の本何冊もあります、確実に私より詳しい)。

 途中、2,3個流れ星もヒュンって飛んだり、なんだかぼんやりしてるから雲でてる?って思ったのが、全部天の川の星だったり。こんなくっきり天の川見たのは初めて。ベガ、デネブ、アルタイルの夏の大三角はそりゃもうくっきりと見えました。

流れ星は「あっ!」と思ったら消えるから、願い事唱える暇なんてなかったのが残念。

 

 一応持ってるコンパクトデジカメで星を撮ってみましたが、何の星座かわかるでしょうか?(目を凝らして見てくださいませ)

f:id:otajoy:20170820095537g:plain

 その① 二つ星座が見えます (右〜真ん中と左上に)

f:id:otajoy:20170820095222g:plain

 その② 右中央から右上にかけて一つの星座があります。

 

 パソコンやスマホの液晶が汚れてると、もはやゴミと混ざって判別不可能。写真に撮るのはさっさと諦め、ひたすらこの目に星空を焼き付けました。

 

 (正解は、①は左にいて座で、右にさそり座。②は北斗七星(こぐま座))

 

 ガイドのお兄さんが、「これは北斗七星です」と説明されると「ケンシロウか。。。」、「これは木星です」と言われると「セーラージュピターか。。。」、「これが、いて座とさそり座です」と言われると「黄金聖闘士か。。。」って、いちいちそのキャラの顔が頭に浮かぶ自分を何とかしたかった。

 脳内BGMが「きらめく星座が~~お前を呼んでる~それは選ばれた~あ~あ~戦士の証~~♪」になってたことを正直に白状します(『聖闘士星矢』のED曲)。

 

 星を見て幸せな気分になりその日は就寝~。

 

 帰る日の朝、

 「なんで夏休みこんなに短いの!!!帰りたくない!」(怒!!)という娘に、「お母ちゃんもそう思う!」といいつつ、家に帰れば、まだ殆ど読めてない夏コミで買った薄い本がたくさんあるし、夜の『活撃刀剣乱舞』も見たいし~と、家での楽しみに思いを馳せた私でした。

 こういう時、インドア趣味もアウトドア趣味も楽しめるオタクで良かった~と心の底から思います。(休み明け仕事が忙しすぎてぐったりの中、この旅行記を書いて癒されております)。

 

 南の島を満喫した夏休み。。来年はどこに行こうかな?と相談しつつ帰宅~。

 

 早く来い来い来年の夏休みっ(気が早い)。