ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

はたらく女性の深呼吸マガジン「りっすん」に寄稿しました。

 寄稿させていただいた記事はこちらです↓。

 

 医療の記事は少しだけ、ほぼ趣味活動と子供の事を書いてる私のブログに、WEBマガジンさんから寄稿依頼が来るなんて、ブログ人生何が起こるかわからないものです。

 依頼を受けたときは、ほんとに私でいいのかな?と戸惑いましたが、依頼メールの次の文章を見て、いっちょ書いてみようじゃないかとういう気になりました。

 その一文がコレです。

「 さまざまな人の意見を見て“働く気分”を転換できる、肩の力を抜いて読めるような「深呼吸マガジン」を作っていこうとしております。」

 

 「りっすん」がどんなコンセプトのweb媒体なのかも以下の記事を読んで理解したうえでお引き受けしました。


 上記記事一部抜粋 :一般的な雑誌のインタビューに出てくる女性って、スーパーウーマン的な方が多いじゃないですか。

  

 ほんとこれそうだなと。女医界にもスーパーウーマンは沢山いらっしゃいます。大学病院の教授、準教授クラスの女性医師、開業した上に学会を主宰する女性医師、留学し研究で論文を量産する女性医師、身近にもいますが、私にはとてもまねできない凄い先輩、後輩ばかりです。

 

 自ブログのタイトルにもある通り、仕事は真面目にやっておりますが、私は何が特に優れているわけでもない平凡な医師です。大学院も出ていませんし、医学博士でもありません(体が健康くらいしか取り柄がない)。

 子供が産まれてからは、夜間のシッターさんや、家にお手伝いさんを雇ってまでバリバリ働こうとまでは思いませんでした。夫は外科医であまりあてにならないし、実家は遠方でサポートしてくれる身内もありません。子供を保育園&学童に預けている間だけはしっかり働こう。それが今の私の働き方です。

 

 女医と言っても、勤務医で9時から5時の仕事時間(実際は8時前から5時過ぎまで病院にいます)。残業は殆どありません。他職種のワーキングママ(パパ)となんにも変わりありませんし、家族の協力が得られない小さい子供のいる女医は私のような働き方を選択してる方が多いのではないでしょうか。

 

 スーパーでもハイパーでもない女性医師。まあ、たまにはこんな平凡な女医が書いた(しかも、趣味がオタクでキラキラした成分一切なし(笑))記事も、息抜きにはちょうどいいかな、それが寄稿の理由です。

 

 「ドラマ2期:コウノドリ1話」で女医の下屋先生が

「赤ちゃんを産みたいと思った時、医師を続けられるのかな・・・」

 という話をサクラ先生にしていました。

 私からの結論は「まあ何とか続けられる」です。独身だろうが、既婚だろうが、子持ちだろうが、年とって体が弱くなろうが、医師として働く場所はやり方をかえればいくらでもありますし、自分に合ったスタイルで働けばいいんじゃないかなと思います。

 

 普段働きながら考えたこと、趣味に対するスタンス、そういうものを記事に盛り込んでみました。このブログでは今まで全く書いていませんが、話にリアリティを出すために自身の専門分野についても触れています。今までこのブログを読んでくださっていた方は「え?あなた〇〇科だったの?」って驚かれるかな?それとも予想通りでしたでしょうか。

 「医師ならヲタ活なんてせずに、仕事に没頭しろ!」という意見があるなら真摯に受け止めます。が、それをやりすぎると体と心を壊して、9時5時も働けなくなるのでご容赦ください。仕事のストレスを、家族と過ごす時間、大好きな趣味に没頭することで発散して、仕事場で(特に患者さんの前)では疲れた顔せずに明るく振る舞うくらいが、私にはちょうどいい働き方なんです。

 

 記事には書ききれなくて、腐女医会の方との交流の話以外は割愛したけれど、趣味のブログやツイッターで出会って、繋がった方々との交流や、やり取りも大切にしています。周りが医療従事者ばかりの環境より、広く色んな地域や職業、主婦の方々とつながれるのはネット様様。

 そして、こうやってネットで「好きなものはコレ!」と叫びつつ、繋がることができる事は、過去のヲタ同人活動(2000年代のHP時代に自サイトや、「〇〇同盟」を主催してました)の経験から知ったこと。

 「やってみたいな」と思ったことは、やれる範囲でやってみる。今回の寄稿記事も、依頼を受け、少し新たなことに挑戦と一歩前に出てみました。

 

 頑張って書いたので、沢山の人に読んでいただけますように。