ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ドラマ2期「コウノドリ」第7話感想

 「お母さんになる人生とお母さんにならない人生、何が違うのかな」

 

 コウノドリは妊娠、出産がテーマと思われがちですが、16巻の【子宮筋腫編】、21巻の【子宮内膜症編】のように、子供を持つ持たないにかかわらず全女性に起こりうる疾患についても描かれています。

 7話は、独身アラフォー女性代表の小松さんが主人公のお話でした。

 

 

  今日の私は、スクラブと、コスプレ友達のYさんに作ってもらったぺルソナパーカーを着て、四宮先生になりきり小松さんを応援しつつ視聴しました。

f:id:otajoy:20171124214246j:image

(小松さんのマグカップみつめつつ、ジャムパン二個装備の四宮先生のつもり。写真は娘に頼んで撮ってもらいましたよ)

 (このパーカーの元ネタは、綾野さんがキャストとスタッフさんのために自費で作られたパーカーです。コウノドリinstagramで皆さんが着ていらっしゃいますよ)

 

 今までの話でも泣いていた私ですが、今回2期に入ってから一番泣いたかもしれません。自分が思った以上に役に立たなくて、何もできず悔しい思いをする下屋先生の気持ちも、子供のことで職場に迷惑かけるのが嫌で何かと突っ張ってる倉崎先生の気持ちも、自分の不調に気が付きながらも仕事が忙しいのを理由になかなか病院に行かない小松さんの気持ちも・・・・・・どれも全部自分の中にあったことばかり。

 子供を持つことも勇気がいるし、子供を持たない人生を選ぶのも勇気がいる。

 どう違うかなんて、どっちかしか経験しないから、ひとりの人間にはわからないし、いたら幸せ、いなかったら不幸せなんて誰にもはかれない。

 子供がいても疎遠になって孤独な人、子供や家族がいなくても周りの友人たちに支えられている人、臨床現場では色んな人や家族を見てきましたが、人それぞれとしか言いようがないんです。

 小松さんは、いい仲間、いい友人が周りにいて、ほんとよかったなあと心が温かくなりました。

 毎日赤ちゃんを取り上げてる助産師さんや、産婦人科の女医さんで不妊治療をしていたり、流産をしている人を知っています。普段はそんなこと微塵も感じさせずに、笑顔で出産を介助して、子供が産まれて幸せそうな家族を支える仕事をして、でも影でちょっぴり泣いてることも知っています。そんな知人たちをつい小松さんとだぶらせてしまったのも泣いた理由の一つです。

 緊急オペが入って、娘を保育園に迎えに行けそうになかった時、周りの看護師さんたちに「私が代わりに迎えに行ってあげるから!」「先生、ここへ連れてきていいよ、子供見といてあげるからオペしてきて」て言われたこともありますし、結婚するときは、医局の上司に「お前ほっといたら、家庭おいといて仕事ばっかりしそうだし、仕事はほどほどに家庭も大事にしろよ。そんで離婚したらいつでも戻ってきていいよ」と言われたことも、サクラ先生と倉崎先生の会話を聞いて思いだしました。私も、周りのみんなに支えられてここまで来てる。

 「一人で仕事も育児もすべて完璧にやろうなんて思うな」

 まあ、はっきり言ってどっちも完璧になんて無理です。というか、完璧な仕事や完璧な育児ってものもないんじゃない?どこかにゴールがあるの?毎日必死でやれることやって過ごして、一日の最後に、少し反省しつつも、まあよくやったな~って、自分を認めてあげることができればいいかなあと。今日の話は、現代女性はアレもコレもと理想が高すぎるのかな、肩の力を抜いていきましょう~ってメッセージだと思いました。

 向井さんと小松さんの友情も熱かったです。二人が部屋で泣いてるところで、もう泣き崩れました、私。結婚とか、子供とか、そういう契約だの血のつながりだの抜きにして、信頼出来て支え合える仲間がいれば人間て生きていけるんじゃないじゃないだろうか。

「仲間っていいよね~」ウンウン。

 

 次週は白川先生に転機が、そして四宮先生にも。新井先生も再登場し、四宮先生は父親に病気が見つかって実家に向かうことに。もしかして、ペルソナチームから二人が抜けちゃうの?ペルソナ医療崩壊まっしぐら?それはそれで、現在医療の問題を提起してるけど、二人がいなくなっちゃやだよー。どうなる次週。ハラハラしつつ楽しみにします。

 

 そして、ここからはいつもの思ったことをつらつらと。

 

 あの、今期はずっと抑え気味に書いていたけれど、今日こそ言っていいでしょうか。

 サクラと四宮、お前ら付き合ってるだろ!!

 「女心がいつまでもわからないから、あんたらいつまでたっても彼女ができないんだよ」って小松さんのセリフに「俺たちの何を知ってるんですか」(サ&四ハモリ)「え、まさか(二人が付き合ってる?)」(小)ってことだよね、公式さん~~。

 仏像みたいな四宮と、焼きそば頭のサクラは、何も言わなくてもお互いの事わかるし、お互いがやりたいこと分かるし、何度もハモるし、見つめあうし、食べかけのジャムパンとカップ焼きそばを交換し合うし、屋上で密会するし、仲良く賞味期限切れの食べ物渡すし、四宮はベイビーのコンサート会場まで大事な相談事を持ち掛けるし。。。これで付き合ってないはないよね?これ、全部私の妄想じゃないんだもん。

 もちろん小松さんと二人の友情も素敵。小松さんを軽々お姫様抱っこするサクラ先生の腕力も素敵。倉崎先生の前立ちを颯爽としちゃう四宮先生も素敵。小松さんに「結婚しちゃうか」って言われたのをさらっと受け流すサクラ先生が何やら意味深。みんな素敵なのに、なんでみんな独身なんだろう。コウノドリ最大の謎がここです。f:id:otajoy:20171125003726j:image

 ちょうど今日、うちにあったもので、小松さんとサクラ先生と四宮先生を表現してみました↑。焼きそばが納豆しかないなのは、ほら、私が腐ってるからさ。

 次週、サクラ先生と四宮先生の別れの時が来るのか、気が気じゃありません。

 

 小松さんの同窓会のメンバーに助産師仲間の武田さんが登場。武田さん、原作でははペルソナで出産することになるんですが、今後また出演されるのか気になるところです。

 

 おおっ、白川先生がスーツで学会で発表してる~~~。後期研修医でこれだけ堂々と発表できればなかなかなものです。そして名刺交換。我々医師も名刺を実は持っていますよ。学会で発表したあと、個人的な質問を発表者の先生にする時など「こういうものですが」って感じで渡して聞いたりするんです。同じ分野を研究、発表してる先生と交流して共同研究したりもしています。

 ぶーやんで自慢気な白川先生。来週は高くなった鼻をぺしっと折られちゃいますね、きっと。

 

 ドラマの最後で主題歌にのせて流れるエンディングのエピソードが私は好きです。2期の主題歌も良い曲ですよね。早速DLして購入し毎日聞いています。

 ドラマのエンディングもいつも素敵ですが、今日は原作に載せたMVも公開されました。流れるイラストで、原作のあの場面やあの場面が思い出されてうるっとしちゃうこと必至。原作ファンの方には特にお勧めです。

 

youtu.be