ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

USJに行ってきました

 先週末、夫が大阪で用事があるというので、同行して、夫とは別行動でUSJに行ってきました。

 行く前には娘と二人で映画「ハリーポッター」1~3話まで予習。

 現地でガウンとマフラーを購入し魔法学校に入学したばかりの生徒と、その付き添いの魔法学校OGの母と言う設定で、ハリーポッターのエリアに乗り込んでいきました。

 f:id:otajoy:20171128163834j:image

 (キャストさんに頼んで撮ってもらった写真↑。寒かったのでマフラ―温かくて重宝しました。ちなみに下にコートも着てます)

 こういう格好をしてると、お店やレストランのレジや、アトラクションの入り口でキャストさんに「今日は、魔法学校はお休みですか?」「魔法の練習頑張ってますか?」「グリフィンドールからようこそ」とか声をかけてもらえます。最後の方は上記設定になりきって、「今日は娘の付き添いなんです、私もグリフィンドール出身で」とか、「今日も娘は練習頑張ってましたが、なかなか上手くならないですね~」とか、キャストさんに返してました。娘は恥ずかしがってしゃべらないので、主に私が。

 上記のようなやり取りが苦手という人は、衣装着用はお気を付けくださいね。

 

 娘は、魔法をかけるアトラクション(ワンド・マジック)が大好きで、今回も魔法練習を頑張っていました(2度目です)。全部の魔法に挑戦しようとする娘。

 f:id:otajoy:20171128164301j:image

 以前はなかったツリーの飾りを動かす魔法をキャストさんに教えてもらったり。これ、毎回魔法が上手くいくとは限らず、出来ないものもあります。結構難しいんですよね(母の私は今まで一回も成功していないので、ダメダメOG)。

 

 パークの中は、すっかりクリスマスモードで、ミニオンのパレードもサンタさんや雪だるまが躍っていました。

 あ~ミニオン可愛いいいいいいいい

f:id:otajoy:20171129163053j:image

 最後の締めにグルーが出てきて、紙吹雪で盛り上げてくれて、みんなに風船のプレゼント。子供達は大喜びでした。

f:id:otajoy:20171128164111j:image  f:id:otajoy:20171128164352j:image

 ミニオンのロールケーキ、ミニオンのイチゴの入ったクッキーサンドも可愛いし、美味しいです。ご飯もそこそこにおやつをたっぷり摂取しました。

 

 パスを買っていた、ミニオンハチャメチャライドに乗車。自分たちがミニオンになってしまうという設定だったので、娘に「わ~ミニオンになっちゃうって、どうしよう」と言ったら、「どうせ戻ってこれるでしょ」(クールに)と言われ、ああ、娘が成長してしまったな、と頼もしいやら寂しいやらの複雑な気分になりました。

 

 そして、夜は今回一番楽しみにしていた「天使がくれた奇跡Ⅲ」を鑑賞しました(これが見たかったから来たというくらい)。数年前に見た時より、綺麗で豪華で、ちょっとホロリと泣ける素敵なストーリー。娘も私も、凄ーい、キレ~~~と、完全に語彙をなくしてぽかんと見ていました。いや、それしか言えなくないですよ、ほんと。感動~。

 f:id:otajoy:20171129163019j:image

 (沢山の天使が空を飛んでいます。どうやって飛んでるんでしょう?)

 物語のクライマックスでは、大きなツリーがライトアップされ、花火も上がり、ただただ、凄いな・・・と見惚れるばかり。恋人同士でも友達同士でも、家族でも、勿論一人でも楽しめます。(ひとりいなかった夫よ、ゴメン)。

f:id:otajoy:20171129162945j:image

 

 ハリーポッターエリアのホグワーツ城も、クリスマスのショーをしていました。

 f:id:otajoy:20171128163945j:image

 魔法をかけられ、次々に姿を変えるお城が幻想的です。

 

 夜にはやっぱりフクロウがいないとね~。昼間から、「フクロウが欲しい、フクロウが欲しい」と言っていた娘に、根負けしてフクロウを購入。

f:id:otajoy:20171128163908j:image  

 更に立派な魔法学校生になりました。このフクロウの人形は、羽にボタンが付いていて押すと鳴き声が出るし、手を入れて中の棒を回すとフクロウの頭が回転して、凄く可愛いんです。

 娘は、家に持って帰って、毎晩一緒にお布団に入れて一緒に寝て可愛がってます。

 

 テーマパークって、行くまでは、「あ~子供の付き添いか~めんどいなっ」て思うんですが、行くとやっぱり楽しいんですよね。なんだかんだと自分が一番楽しんでたかもしれません。勿論、子供の笑顔が見れるのが一番ですけどね。