ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

腐女医新年会(とある本丸にて)

 年明けの仕事の忙しさで現実モードに引き戻された正月休み明け、そんな疲れを腐っ飛ばす新年会を開いてまいりました。

 

注:こちらの記事はコスプレ写真等含まれますので苦手な方はお気を付けください。

 

 事の発端は、こちらのツイートがTLに流れてきたことから始まりました。


 これを見て、「これ楽しそう、やりたーい」とフォロワーさんと言い合っていたら、「皆刀剣女子だし、内番服(戦闘服ではなく、ゲームで畑仕事とか馬当番する時の服装)で集まってお面被りながら宅飲みしようよー」と言う話が出て、「じゃあ、いっちょやってやろうじゃないか」てことになりまして。お互いがやるキャラクターをさっくりと決め衣装をポチり。話し合った翌日には全員が衣装を注文するという起動の速さで、その会が実現しました。居住地がみんな離れているので、フォロワーさん宅でのお泊り会にすることに決定。

 

 それでは、酔っぱらった成人腐女医4人(+シラフの中学生の娘ちゃん)が集まった結果の地獄絵図をご覧ください。

 

 ちなみに私は、こちらのキャラクターに紛してみました。

f:id:otajoy:20180107165339j:plain

刀剣乱舞ONLINEより、明石国行)

 このキャラクターの特徴としては、とにかく何事にもやる気がない。弟二人の保護者なのに、その弟たちに世話される始末。だから以下の画像でだらけてるのは、そのキャラになりきったためです、決して私が怠けているわけでは・・・・ナイ。。。ハズ。

f:id:otajoy:20180107164432j:image

 お面だけじゃなく、ついでに宅コスもしてきました。ちゃんとお年玉は持参しましたよ。保護者だから。

f:id:otajoy:20180107164418j:image

 まんばちゃんとのツーショット。まんばちゃんは中学生なので、お年玉をあげました。

f:id:otajoy:20180107164342j:image

 食事の準備をする、三日月、小狐丸、まんばちゃんを横目で見つつ、

f:id:otajoy:20180107164427j:image

「やる気ないのがウリですねん」・・と全く手伝わずだらける明石。

f:id:otajoy:20180107164311j:image f:id:otajoy:20180107164258j:image

 ケータリングしたお料理に、宅飲みなのに用意されている「ドリンクメニュー」。これ凄かった。居酒屋以上の品ぞろえではなかろうか。

f:id:otajoy:20180107164337j:image

 各自の皿に料理を取り分けて刀剣乱舞知らない人には何のことか分からずスイマセン)、、、、

f:id:otajoy:20180107164438j:image

 「かんぱーい!!!」

f:id:otajoy:20180107171124j:image

 「あ~労働の後のビールは美味いわ~~~」

f:id:otajoy:20180107164349j:image

 と、隣で畑当番と馬当番(してるか?三日月?)している三条派の皆さんの横で、やっぱりだらける明石。

 

 そんなことしてたら遅れてやってきたまじめな長谷部に踏まれました。

f:id:otajoy:20180107164405j:image

 「ぎゃっ」

 小狐さんも明石モードになっていたのでまんばちゃんに引っ張られてます。だって、床暖房が温かいんだもの、離れたくない。

 この辺になると、大分地獄絵図感が出てきたような。

 

 気を取り直して、宴会再開。

f:id:otajoy:20180107164350j:image

 遅れて参加した長谷部も加わり、飲みながらエンドレス刀剣乱舞ミュージカル」円盤鑑賞開始~。みんなで飲みながら見ると楽しいっ。

 2部のショーの部分では、ペンライト振って応援。勿論、踊る、うたう。

f:id:otajoy:20180107164355j:image

 平和な本丸です。

 

 深夜まで円盤再生耐久レースをして世はふけていきましたとさ。

 

 あ~遊んだ遊んだ。

 こうやって、いくつになってもバカな事やって遊んでくれる友達がいるっていいものだな~って。

 社会人になっても、母になっても、楽しむことはやめたくないです。

 

 みんな普段は、白衣着て職場で死ぬほどまじめに働いてる同士。

 

 働くときは全力で働いて、遊ぶときは全力で遊んで。

 

 人生楽しんでいきまっショ。

 

 お付き合いしてくださった友人、家と食事とお酒を用意してくださった小狐丸姉さんありがとうございました。