ヲタママ女医がいろいろ語ってみるか

普段はいたって普通のお医者さん、中身はオタク、一応ママ。少々腐ってます。

ホットクック買っちゃいました。

 はてなで勝間さんがブログをはじめられ、読ませていただくようになって、一番興味を持ったカテゴリーが「スマートクッキング」。

 

 特に、勝間さんの家に三台置いてあるという、ホットクックに興味を持ちました。材料を切って、いれて、スイッチおして、ほっとくだけでお料理ができてしまうなんて素敵じゃないですか。

 仕事でへとへとに疲れて帰っての夕ご飯作り。はっきり言って一日の家事のうちで一番メンドクサイ。メニュー考えるのすらもめんどくさいんですが、そこは仕方ないとして、料理にかかる手間は極力減らしたい、でも美味しいものを家で食べたい!!という願いをこの調理器具なら叶えてくれるんじゃないかと、思い切って購入してみました。

 

  私が購入したのモデルはこちら↓

  1.6Lタイプと、2.4Lタイプがあり、迷った末に大は小を兼ねるってことで、2.4Lタイプを購入(うちは夫婦+子供一人家族)。無線LANに接続できる機能がついた去年のモデルにしてみました。

 

 昨夜、届いたら早速開封してキッチンにドカンと置いてみましたよ。

 f:id:otajoy:20180120190630j:image

  2.4Lサイズは結構大きくて場所をとります。去年住んでた借家のキッチンでは置くところに困ってたかも。購入をお考えの方は、まず置く場所を検討された方がいいと思います。ミシンもそうですが、こういうものは、しまってしまったら、まず出すのがめんどくさくて使わなくなるので、常に出しっぱなしにできる場所を確保するのが大事じゃないでしょうか。

 

 2.4Lの内がまはこれくらいの大きさでした↓

f:id:otajoy:20180120190623j:image

 5合炊きの炊飯器のお釜より一回り大きなサイズでも、炊飯器のお釜より薄くて軽いから持って動かしたり、洗うのは楽です。この内釜以外のパーツは食洗器OKらしいですよ(と、勝間さんのブログに書いてありました)。

 

 箱から出して置いていたら、家にちょうど夫が帰ってきたので、無線LANをつなげてもらい、これで、いつでもホットクックが使える~と、その日は就寝。

 

 朝になり「よし、今日はこれを使うぞー、で、何を作ろっかな?」と、ホットクックを見てみると、『♡聞いて』がピカピカ光ってる。

f:id:otajoy:20180120190606j:image

 なんだろう?って押してみたら「♡今日のおすすめ」が表示されました。

ポークビーンズ」か、なんだかオシャレそうな料理だなー(ちなみに、作ったことなし)、せっかくおすすめされたし作ってみるか、とデータをDLし(無線LANで新メニューデータが入るとのこと)、ホットクックのアプリで材料を教えてもらい、スーパーで買い物をして帰ってきました。

 材料切る事5分もかからず、調味料と一緒に釜にポンといれ、「ポークビーンズ」のスイッチオン。

 f:id:otajoy:20180120190559j:image

 

 あとはやることがない

 

 ボーっとしてたら、いつ買ったのかもわからない宅配便が届いて開けてみると・・。

 

f:id:otajoy:20180120191155j:image

 ヤンだーーーーー!!ヤンがうちにきたっ。

 

 かなり前に無意識のうちにポチッとしていたようで、すっかり忘れておりました。

 

 ヤンは『銀河英雄伝説』で一番好きなキャラクターです。春からの新アニメ楽しみですねえ。昔のヲタクの血が騒ぎます。

 

 ホットクックをほっている間に、彼を見つめながらお茶を飲んでいました。

f:id:otajoy:20180120191202j:image

 そんな優しい目で見つめないで~、照れちゃう。

 

f:id:otajoy:20180120191210j:image

  後姿(ほぼ尻しか映ってませんが・・・)もよい♡。

 

 と、美麗なフィギュアとお茶していたら、お料理が完成しちゃいましたよ。

 

 f:id:otajoy:20180120190552j:image

 水を一切いれてないのに、ちゃんと野菜から出た水分でスープになってる。

 

 

 初めてだからレシピ通りに作ってみたところ、とても美味しいポークビーンズができました。お店で売ってるみたいな味です(多分、作ったことも外食で食べたこともないので比べれないけど、お店のも多分こんな感じ)。 

f:id:otajoy:20180120190551j:image

 豆料理があまり好きじゃない娘も「これ、すっごく美味しい!」と沢山食べてくれました。ただ、レシピ通りだと私にはちょっと塩味が濃く感じたので、次はもう少し減らしてみよう。

 

 ホットクックが料理を作ってくれてる間に、ヲタ活もできるなんて幸せ。

 

  現代科学の力よ、ありがとう。

 ヤン・ウェンリーよ、ありがとう。